「今夜は残業で…」って本当?彼のウソを見抜く心理テクニック

女子ならば、みんな思うでしょう。「ウソをつかない、誠実な男子を彼氏にしたい」と。 ですが、ウソをついたことがない男子なんて、そうはいないもの。 やましいことはないにしても、思わずウソをついてしまうことはあります。 そんな…

女子ならば、みんな思うでしょう。「ウソをつかない、誠実な男子を彼氏にしたい」と。

ですが、ウソをついたことがない男子なんて、そうはいないもの。

やましいことはないにしても、思わずウソをついてしまうことはあります。

そんなとき、あなたは彼氏のウソを見抜くことができますか?

今回は、ウソを見抜く心理テクニックを、紹介したいと思います。

 

■話す内容よりも話し方に注目!

ひとは、言葉を使ってコミュニケーションをしています。

たとえば、相手に迷惑をかけて謝罪するとき、「ごめんなさい」と謝りますよね。それによって相手は「あー、このひとは反省しているんだな」と受け止めます。

ですが実は、ひとのコミュニケーションは話す内容よりも話し方が大事なのです。

その言葉の言い方や態度が、本当の気持ちを伝えるわけです。

同じ「ごめん」という言葉でも、「本当に反省しているな」とおもうときもあれば、「口だけで本当は謝っていなくて、また絶対同じことをするだろう」と思うときがありますよね。これは、「ごめん」といったときの、言い方や態度が違うからです。

ウソも同じ。

ウソをつくときには、それが態度に表れるんです。

例えば、ウソをつく後ろめたさから、顔を隠そうという心理が生まれ、顔を必要以上に触ったり、緊張してのどが渇くことから水分をとろうとしたり。

普段とは違う態度があらわれているときは、ウソをついている可能性が非常に高いんです。

 

■そのときの気持ちを語らせる

ウソというのは、実際には経験していない出来事ですよね。

たとえば、彼が別の女子とデートしたのを隠そうと、「急に残業することになって」とウソをついたとします。

実際には、残業なんて経験していないわけですから、残業したときの気持ちを語る事なんて難しいわけです。

そんなときはたいてい、「いやぁ、疲れたよ」という当たり障りのないものになってしまいます。

もし、あなたが「彼がウソをついているかも」と思ったら、そのときの気持ちを彼に話させるといいのです。

 

いかがですか。

ウソはつくのも、つかれるのも、決していいものではありませんよね。

とはいえ、「知らぬが仏」ということわざもあるくらいですから、なんでも正直というのがいいとはかぎりませんけどね。

 



Наш важный интернет-сайт с информацией про showroom-kiev.com.ua.