舌の動きは関係ナシ!男子がメロメロになる「キステクニック」3つ

映画みたいなキスしたいっ……と思っているそこのあなた。キス道は奥深いですよ? 極める自信はありますかっ!? 本記事を熟読すれば、初キスでも、いや初デートでも! 美味しいキスを味わうことができちゃう……かも?
  • Evernoteに保存

みなさんはキスが上手ですか?

ちょっと気になる……くらいの相手と、とろけちゃうようなキスを体験し、一気にメロメロになってしまった。そんな経験を、あなたもしたことがあるかもしれません。

もしあなたが、とろけるキスのやり方をマスターしていたら、男性を惚れさせる大きな武器になりますよね。

そこで今回は、舌が器用じゃなくてもできる、キスのテクニックをご紹介しましょう。

官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんに、難しい舌遣いはいらない、男性をメロメロにするキス・テクニックについてお聞きしました。

 

■1:後頭部をマッサージする

「キスをするときに、あなたの手はどこにありますか?

おそらく、相手の身体のどこかに回していると思います。この手を遊ばせておくのはもったいありません。

おすすめなのは、相手の後頭部。キスしながら、手で相手の後頭部をやさしくつかむように、マッサージしてあげましょう。

ママに抱かれる赤ちゃんのような気持ちになった男性は、エロチックな恍惚のなかに、包みこまれるような快感を味わい、もっともっと!と虜になっていくのです」

 

■2:唇を唇で刺激する

「キスというと、どうしても“舌遣い”を意識してしまいますが、唇も重要です。

唇自体の感触が、ソフトで官能的ですし、上下2つあることから、いろいろな刺激を与えることができます。

おすすめなのは、相手の上唇や下唇など、どちらか一方の唇を、2つの唇で挟み込むことです。パクッと唇を唇ではさみ、横に動かして、刺激を加えるとよいでしょう。

舌が絡んださいも、重ね合った唇と唇の部分をおろそかにしないことで、より官能的なキスの印象を与えることができます」

 

■3:「ン……ァ……」と音を出す

「舌遣いによる、チュパチュパした音もいやらしいですが、官能小説家の筆者がおすすめなのは、キスをしながら漏れる吐息の音。音というより、声ですね。

相手と口がつながっていますから、出した声は、相手の内部から直接相手の耳にとどきます。

まるで、自分の声のように、女性の乱れた声が内部から響きわたるのです。これは本当にHですよ。

“ン”という音ならば、お腹から絞り出すように、口がつながっていても出すことができます。吐息が音になってしまったような、“ア”の音も、非常に効果的です。

やりすぎるとオーバーになってしまうので、自分の快感のリズムに合わせると、ちょうどいいですよ」

 

いかがでしたか。舌遣いは必要としない、キスのテクニックを3つ教えていただきました。気持ちよすぎるキスは、麻薬のような中毒性がありますので、ぜひマスターして、彼を虜にしちゃってくださいね。

 

【関連記事】

ヤダ大興奮?女子から送られてきた「ちょいエロなLINE」3つ

※ 「狙ってる女子が左の薬指に指輪してたらあきらめる?」男子の回答

※ もうバレバレ!「昔チーマーだった男子」の危なすぎる特徴4つ

※ ブサメンのほうがマシ!イケメンなのに彼女がいない男子の真実3つ

※ 「髪型を変えた女子にドキッとしちゃったことはある?」男子の回答

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 

【画像】