ぎゃぁ…やってた!彼氏の気持ちが急速に冷める「慣れ仕草」3つ

意中の男性からデートに誘われたからって“前のめり”になりすぎると「あ。やっぱこの女は違うわ」とアッサリ引かれてしまうパターンはありがち。 オトコって、追われるよりも追いかけたい!というハンター精神も持ち合わせていますから…

意中の男性からデートに誘われたからって“前のめり”になりすぎると「あ。やっぱこの女は違うわ」とアッサリ引かれてしまうパターンはありがち。

オトコって、追われるよりも追いかけたい!というハンター精神も持ち合わせていますから、前のめりすぎる愛情表現は避けたほうが賢明なこともありますよね。

一方、前のめりすぎる愛情表現ではなくとも、交際が落ち着いてくると“慣れ”が出てつい気遣いを忘れてしまう場面もありがちなのでは?

そして、そんな気遣いゼロのカノジョの姿を見て、「あ。この女はマジで違う」と愛がサーっと冷めるのが男のホンネでもあるそう。

そこで今回は、8年間の市議時代に魑魅魍魎(ちみもうりょう)な男女模様を垣間見てきた筆者が、男性の愛が冷める危険な“慣れ仕草”を3つご紹介します。

 

■1:大声でギャハギャハ笑う

交際当初には奥ゆかしく「うふふ」と笑っていても、カレシとの付き合いが長くなると「ギャハギャハ」と大きな口を開けて豪快に笑ってしまっていませんか?

男性って、女性に対して“女性らしさ”という名の大きな幻想を抱いていることも多く、人目を気にせずに大声でゲラゲラ笑う女性の姿を見て幻滅しちゃうことも多いのだそう。

カレシとの関係がこなれてきたからといって、無遠慮にギャハギャハと笑うのはやめたほうが得策かもしれません。

 

■2:遅刻やドタキャンをしても「ごめんね」がない

交際初期のデートでは10分前に現地に到着していても、交際期間が長くなって関係に慣れてくると遅刻しがちになる女性もいますよね。

また、「今日のデート面倒くさいな~」と思うと、「体調がイマイチなのでリスケしてもらっていい?」とドタキャンしてしまうこともありますよね。

ですが、遅刻やドタキャンをして「ごめん」のひと言を忘れてしまうと、オトコの愛は急速に冷めるリスクが高いそうなので要注意です。

当たり前のように遅刻やドタキャンをする女性を見て「あ。この女は俺を大事にしていない。なんか違うな」と感じてしまうんですって。

 

■3:「それはイヤ」「これがイイ」とぶっきらぼうに提案を否定

カレシが企画してくれたデート内容が、正直なところ自分の趣味に合わないこともありますよね。

「映画行こうよ!」と誘ってくれたところまでは良かったものの、あなたの趣味に合わないホラー映画を嬉々として観に行きたがるカレシをどう扱ってイイのか悩んでしまうこともあるのでは?

ですが、そんなシーンで「それはイヤ」「それよりラブコメ観ようね」などとぶっきらぼうに注文をつける彼女の姿を見て愛がサーっと引いてしまうオトコもいるそう。

交際初期には遠慮していたことも、関係に慣れてくるとズケズケと主張してしまいがち。

でも、そんなさりげないシーンでもオトコは冷静に彼女をジャッジしているようです。

 

いかがですか?

関係に慣れるのは悪いことではないはずなのに、場合によってはオトコの愛が冷めることもある様子。

慣れすぎて、ドン引きされるような振る舞いをしてしまわないようくれぐれもご注意くださいね。

 

【関連記事】

※ 「ヤル気スイッチオン」サイン…2位エナジードリンクより露骨な1位

※ もぅ大興奮!? モテ女子の80%が実践する「男を惹きつける」秘儀

※ 成功率100%!? デートを断っても「また誘われる」魔法のフレーズ2つ

※ いやん見てる!86%の男が「本気で好きな女」だとチェックすること

※ えっ…今ッ!? 男が彼女に「ムラついちゃう」想定外すぎるシーン3つ

 

【姉妹サイト】

※ 

※