わ…二重顎!? 体や顔が「太って見える」ジュエリーの選び方NG3つ

露出が多くなるこの季節、ファッションやヘアだけではなくジュエリー使いにもこだわるのがオサレ女子。ジュエリーもつけ方によって、スタイルアップして見えるコツがあるのをご存知でしょうか? そこで今回はファッションライターである…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


露出が多くなるこの季節、ファッションやヘアだけではなくジュエリー使いにもこだわるのがオサレ女子。ジュエリーもつけ方によって、スタイルアップして見えるコツがあるのをご存知でしょうか?

そこで今回はファッションライターである筆者が、“骨太さんに見えちゃう”ジュエリーの選び方NGを3つレクチャーします!

 

NG1:素材の“キラキラ”が足りない!?

陽に反射してきらっと煌くジュエリーが断然つやっぽい! だからといってゴツゴツとしたビジューアクセをつけるわけではありません。

今季のトレンドは、過去数年流行した大降りのビジューではなく、華奢なジュエリーのレイヤードスタイル。細みネックレスをレイヤードしたり、バングルに細みブレスレットをプラスしたり、スキニーな指輪を色々な指につけたりするのがオススメ。

光に当たったときに首元や手首がキラキラしていると明るく輝きのある肌にみせるのです。

キラキラした素材はやはりゴールド。18金もステキですが高価なので、“ゴールドフィルド”の素材がデイリーにぴったり。

合金に熱圧力をかけてゴールドをコーティングした素材を“ゴールドフィルド”または“金張り”、“14GF”とも呼びます。ゴールドがはがれにくく変色がしないため、ゴールドの輝きを保ちながらも安く買えるのでお財布が寂しいときにチョイスして下さいね。

 

NG2:長さがないピアス!?

21886394_s

チェーンやロープタイプのピアスは縦のIライン効果で首をすっきりと長く細く見えます。特に、片方を長いタイプ、もう片方を短いピアスにするなど非対象的なピアスをつけると視線を散して小顔効果が!

徹底的に女性らしさを追及するなら、チェーンやロープが光に反射してきらっと輝くデザインがオススメ。

重い素材だと耳が痛くなるので、貴金属ではなく真鍮(銅と亜鉛との合金)などのベースメタルで作られた細身タイプがつけ心地がよいでしょう。

チェーンやロープスタイルのピアスは動いたときに軽やかに揺れて、とってもセクシーですよ!

 

NG3:角ばったデザインのアクセサリー

角ばったデザインのアクセサリーは女性をゴツく男前に見せます。アクセサリーやジュエリーはどこかに丸みがあったほうが断然女っぽい仕上がりに。

四角いバングルなどもトレンドですが、つけるときは一緒に丸みのあるブレスレットを重ねづけるとよりフェミニンな印象になりますよ。

ネックレスやブレスレットのモチーフも、四角よりも丸みのあるデザインのほうが女っぽいスタイルに。

 

せっかくジュエリーをつけるのなら、身体を少しでも華奢見せしたいところ。アクセサリーをレイヤードしたりシンプルにつけたりと、自分スタイルを完成させましょう!

 【画像】
photoagent / Shutterstock