全然いい人いなくてさ~…と嘆いている人に共通する意外な事実とは?

あなたの周りには「全然いい人いなくてさ~」が口癖になっている人っていませんか? もしかしてあなた自身の口癖になってるとか!?

でも、人が人と出会う確率は同じような生活をしていれば同じはずなんですよね。ですが、いい人がいないという人といつでも周りにいい人がいる人がいるのってどこに違いがあるんでしょうか?

実はいいパートナーと出会えない人には共通点があるそうなのです。

数多くのワークショップを開催している恋愛セラピストのルーク平野さんに、“パートナーと出会えない人の共通点”を教えていただきました。

 

■実は恵まれている人?

「パートナーと出会えない人の共通点は、実はいまの環境(友人や仕事)に恵まれていることです。

なぜかというと、環境に恵まれている人は、パートナーと出会えないことの痛みを感じづらいからです。

人が行動する一番の理由は“痛みを避ける”こと。つまり、パートナーと出会えないことの痛みが強い人ほど、真剣にパートナーと出会いたいと思って、行動します。

しかし、環境に恵まれている人は、パートナーと出会いたいと思っていても、恵まれている分だけパートナーがいないことの痛みを感じていないため、なかなか行動にうつしません。

例えば、クリスマスの夜に1人で家でご飯を食べていると、パートナーがいないことへの痛みを感じて、行動しようという気持になります。

しかし、友人に恵まれている人は、友人とクリスマスパーティーをやって楽しい時間を過ごすと、パートナーがいないことへの痛みを感じづらいです」

なんと! 実は「いい人がいなくてさ~」と嘆いている人は、実際にはいい人を自分から探しに行っていないということなんですね。

苦痛を感じるからこそパートナー探しに必死になる人と、特に必死に探しているわけでもないけど「いい人がいない」と言っている人。それはもちろん前者の人の方がパートナーとの出会いの確率は上がりますよね。

では、どうしたらいいパートナーと出会えるのでしょうか?

 

■本気で嫌だと思うことが重要!

「だからこそ、パートナーと出会うためには、いまパートナーがいない状況が本当に嫌だ!と感じることが重要です。

いまの状況が本当に嫌だ!と感じると、その状況を変えるために真剣に考え、行動するようになるからです」

つまり、いいパートナーと出会えていないと口癖のように言っている人には行動が伴っていないということなんですね。

では行動に移すためにはどんなことを考えてみるといいのでしょうか?

 

■パートナー探しの原動力

(1)パートナーがいるメリットを考える

まずはいいパートナーがいたら自分にどんなメリットがあるのかを書きだしてみるといいでしょう。たとえば、「家に帰った時にただいまと言ったら返事が来る」「食事を一人で食べなくてもいい」などです。メリットが大きいと思えば自然と本気でパートナー探しをするようになりますよね。

(2)未来の計画を描いてみる

自分がこれから先、どんなふうに人生設計をしたいのかを立ち止まって考えてみるのもいいかもしれません。そのとき、あなたの横にはパートナーは必要でしょうか? 子どもが欲しいというのであれば、やはりいいパートナーとの巡り合いは必須ですよね。

(3)いいパートナーとはどんな人?

あなたにとっていいパートナーとはどんな人なのかを具体的に想像してみるのもいいですね。いいパートナーの像が思い浮かべば、その人と一緒にいる場合の楽しいことなどもたくさん連想されるはずです。そうなったらやはりパートナーがいたらいいのになぁという気持ちになる可能性も高いです。

 

いかがでしょうか?

もし「いいパートナーが欲しい」と本気で思っているのなら行動あるのみです。ですが、ただ口癖になっているだけならパートナー探しをする必要が今はないということかもしれません。

パートナーと巡り合えるかどうかは、やはり自分自身の気持ち次第ということなんですね!

 

【関連記事】

※ 男が本気で愛している女性には「したくてたまらないアレ」2つ

※ もうバレバレ!男が「本気で口説いている女」にだけする行動3つ

※ きゃっバレバレ…!男が「本気で好きな女」にだけ話す話題5つ

※ 堕ちちゃうーッ!浮気相手に言われた「戻れなくなるセリフ」3つ

※ 3位37歳月収5万親からの小遣い…「最悪な元カレ選手権」1位は?

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【取材協力】

※ ルーク平野・・・恋愛セラピスト。2007年から恋愛に関するワークショップをスタートし、全国で好評を得ている。今まで5,000名以上の恋愛パートナーシップの相談を実施。多くの人が幸せな恋愛や結婚ができるようになっている。HP『』、 ブログ『』。

 

【画像】
DarkBird / Shutterstock