ねえ…もうイイ!? 時間をかけるほど「男がイラつく」行為3つ

好きだからこそ、“時間をかけてしまう行為”ってありますよね? 「好きだから夢中になって……」 「あなたのことを思ってつい……」 自分が夢中になるほど好きなことに没頭してしまったり、相手を喜ばせたい一心で、相手が好きだから…

好きだからこそ、“時間をかけてしまう行為”ってありますよね?

「好きだから夢中になって……」

「あなたのことを思ってつい……」

自分が夢中になるほど好きなことに没頭してしまったり、相手を喜ばせたい一心で、相手が好きだからこそつい、白熱してしまったり。

何かに夢中になる女性は実に可愛いのですが……実は男性からすると「ぶっちゃけうんざり」な“行為”があることが判明いたしました!

今回は『Dangdep!』の調査によって明らかになった男性500人の大暴露を参考に、時間をかけるほど男がイラついてしまう行為を3つご紹介します。

 

■1:化粧長すぎ!

「厚化粧に時間がかかる事」

「いざ出かけようとする時に支度に時間が掛かる」

「ブスなのに化粧が濃い」

調査に対し、このような辛辣な回答が寄せられました……。

同じ女性からすれば、化粧に時間をかけるのはけっこう普通の行為ですよね。中には気になる相手により好かれたいから、一生懸命メイクしているという女性もいるわけで、実に健気!

しかし化粧をしない男性からすると、このような冷めた感想を持っていることが判明。

「あなたのためにメイクに時間をかけちゃうの!」という理論は通用しないことを意識しましょう。

 

■2:おしゃべり長すぎ!

「興味の無い話を延々とされる」

「おしゃべりが一方的なこと」

長話は女性の特権と言えるぐらい、私たちはおしゃべりを楽しむ生き物ですよね。

ダラダラとただ話を聞いてほしいあの気持ち。正論じゃなくて共感がほしいあの感覚。誰だってこういうおしゃべりをしたい時ってあると思います。

でも男性からすると「で、要点は?」「それって結局おまえが悪いよね」などなど、長すぎるおしゃべりにうんざりした感想しか抱かないようです。

男性相手におしゃべりをする時、女子会のノリはやめておきましょう。

 

■3:買い物長すぎ!

「買物が長く結局買わない」

「ドラッグストアで長居」

あっちの店をフラフラ、そっちの店をフラフラ、でもやっぱり最初の店に戻ってあれを買う……こういう買い物をする女性、けっこういますよね。もしくは、その場の気分でウィンドウショッピングを楽しんだりして。

でも男性は、買い物にダラダラ時間をかけたくないようです。戦場かと言わんばかりの足取りで、サッササッサと目的の品を購入してほしいわけです。

男性と女性では買い物の仕方が根本的に違うと思って、じっくりしたい買い物は女友達と楽しむようにしましょう。

 

いかがでしたか?

愛があって時間をかける“行為”も、その対象からうんざりされていては無意味ですよね。

とくに男性がうんざりしやすいこの“3つの行為”は、今後できるだけ無駄に時間をかけないよう意識してみてくださいね!

 【参考】

※ もうバテバテ!本当は男がうんざりしている「彼女の行動」7つ – Dangdep!

 【画像】
Val Shevchenko / Shutterstock