そのままベッドイン!? 男子に「激しいキスの嵐」されちゃう方法3つ

みなさんは、男子から激しいキスの嵐をされたいですか? 「もぅっ! そこは唇じゃないよぉ!」ってくらい熱く求められて、食べられちゃうようなキスの嵐。 本当に私のことが好きなんだな……と感じられる幸せな瞬間。 え? そんなに…

みなさんは、男子から激しいキスの嵐をされたいですか?

「もぅっ! そこは唇じゃないよぉ!」ってくらい熱く求められて、食べられちゃうようなキスの嵐。

本当に私のことが好きなんだな……と感じられる幸せな瞬間。

え? そんなに熱く求められることなんて、滅多にないですって!? ウソでしょ!?

それはいけません。

今回は、男子が理性を失って、本能のままに唇から頬から首から耳まで吸いついて、耳元で「オマエが欲しくてたまらない……」と囁いてきちゃうような熱いキスをされちゃう方法を、官能小説家の小川沙耶さんにお聞きしました。

これで今夜は熱っーいキス、されちゃって!

 

■1:唇をつける

「キスというと、唇をすぼめてチュッとしますよね。これはまだ、理性的な行為なんです。相手の理性をぶっ壊して、激しいキスをされるには、こちらも理性が壊れてるような雰囲気を出す必要があります。

とはいえ、そんな理性がぶっ壊れ状態も、可愛くやりたいですよね? 女の子だもん。

そこでおすすめなのが、“唇をつける”ことです。

相手に極限までくっつき、ハァハァと息を乱しながら寄り添い、胸や首、アゴ、頬、どこでもいいので、キスをするのではなく、唇をつけます。

チュッとするキスよりも、時間も長くできるので、激しく興奮させることができますよ」

 

■2:そのまま“堕天使なセリフ”を言う

「唇をつけた状態で、そのまま相手の皮膚に向かってセリフをつぶやきます。少し湿った吐息や声の振動が、さらなる興奮を与えます。

セリフは、“いつもは清純な私だけど、あなたへの好きという気持ちだけはもうガマンできない”ことを表現する“堕天使なセリフがいいでしょう。

たとえば、こんなセリフが効果的。

(1)“●●といると、おかしくなる……”

●●には、彼の名前が入ります。おかしくなるのは、あなたのせい。ちゃんと責任をとってください……というキュートなセリフです。

(2)“このまま、1つになっちゃいたい”

ピタッと唇までくっつけて、これ以上はどうやって……?と、男子の下半身を積極的に困らせる可愛らしいセリフです。

(3)“好きすぎて、どうにかなっちゃうよ”

“すぎたるは及ばざるがごとし”とは言うけれど、それでも好きなの……と、最上級の愛を伝える意識高い系のセリフです。

これらのセリフは、ハァハァ息を乱し、相手をキュッと掴みながら言うと、さらに効果的ですよ」

 

■3:目を潤ませながら、困り顔で見つめる

「■2まで行ったら、もう準備は万端です。あとは、寄り添いながら顔を相手に近づけ、困り顔で見つめるだけ。

そのときに、目を潤ませているとさらに効果的です。

心の中では、“ほしい、あなたがほしい”と念を送りつづけましょう。口に出してはいけませんが、口の形だけ、そのようになってしまうのはアリですね」

 

■4:ビクンっと敏感に反応する

「■3をすると、熱いキスをされたり、強くギュッと抱きしめられたり、熱烈な愛情表現をもらえると思います。

そのとき、“ァッ”とか、“ンッ”とか声を出し、ビクンっと敏感に反応を見せましょう。

反応の良さにたまらなくなった男子は、息を乱しながら、激しいキスの嵐をしてくるでしょう」

 

いかがでしたか? 激しいキスの嵐をされちゃう方法をご紹介しました。そのままベッドインまでいってしまうことがほとんどなので、2人きりになれる場所を選んで実行することをおすすめします。

 【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。