「好きすぎてどうしよう…」とオトコが壊れちゃう恋の堕天使テク3つ

みなさんは彼氏のことを壊しちゃったことはありますか? 人間、誰しも少なからず、惚れすぎてしまうと「好きになりすぎちゃって……もう、どうしたらいいんだー!」と壊れ気味になってくるもの。 みなさんも経験があるのではないでしょ…

みなさんは彼氏のことを壊しちゃったことはありますか?

人間、誰しも少なからず、惚れすぎてしまうと「好きになりすぎちゃって……もう、どうしたらいいんだー!」と壊れ気味になってくるもの。

みなさんも経験があるのではないでしょうか?

そこまで惚れちゃうのも楽しいものですが、惚れられてしまうのも、なかなか気持ちいいものです。

そこで今回は、官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんに「好きすぎてどうしよう……」と男性を壊してしまうテクニックを教えていただきました。

 

■1:自分が可愛く壊れる

「社会人として礼儀正しく毎日を暮らしている人ほど、プライベートでは“ぶっ壊れたい”欲望があるもの。

だから、相手を壊してしまうのは、実は簡単なんです。“壊れてもいいんだよ”と、暗に教えてあげればいいだけですから。

“壊れてもいいんだよ”と暗に伝える方法も簡単。自分が先に壊れてあげればいいのです。

会話でもそうでしょう? まずはこっちが、ぶっちゃけ話をすると、相手も腹を割って話してくれますよね。

とはいえ、女子ですから、“可愛く”壊れたいですよね。

抱きしめたり、キスしたり、愛の言葉を囁いたり、いつもの愛情表現に“壊れ”要素を可愛くいれるには、息を乱すといいですよ。ハァハァと、乱れた息で愛情表現してみてください。

あなたの息づかいに影響されて、彼の心も乱れてきます」

 

■2:ダメなことをしてあげる

「もう1つ、彼を壊れさすには、“ダメなことをしてあげる”というポイントがあります。いつもは禁止している、ちょっと恥ずかしいことを、あえてしてあげるといいでしょう。

英語では、イヤラシいことを“dirty”と言いますよね。これは“汚い”という意味。ちょっと汚してしまえば、“もう全部汚してしまえっ”と理性が壊れてしまうのです。

エッチなことをするときも、実は理性が働いていて、キスをするときは口をすぼめていたり、感じそうな個所をこしょっと触ったり、機械的な動きになってしまっていることが多いもの。

べたーっと、彼の顔や身体を遠慮なく触り付けてみてください。口をすぼめることなく、ただ大好きな彼の皮膚に、唇を押し付けたり、ベロッと舐めたりしてみてください。

ほら、あなたも彼も、壊れてくるでしょう?」

 

■3:たっぷり愛してあげる……そして離れる

「最後に、この幸せな時間に終わりがあることを意識させます。

忙しくて、しばらく会えないことを告げてください。“なくなる”ことを意識すると、人はその対象が愛しくて愛しくてたまらなくなってくるものです。

それから、たっぷりと時間を惜しむように愛してあげましょう。これから離れてしまうのにも関わらず、矛盾した愛のセリフをおくるのが効果的です。叶わぬ願望ほど、強くなるからです。

“私、あなたがいないとダメになっちゃう”

“ずっとずっと、一緒にいようね”

“このまま時間が止まっちゃうといいね”

など、思いつくセリフはたくさんありますね。こうした恥ずかしいセリフも、エッチなムードのときならば、違和感なく使うことができます。

なぜならば、もっと恥ずかしいことをしているからです。こういう瞬間を逃さない手はないですよ」

 

いかがでしたか。男性が「好きすぎてどうしよう……」と壊れてしまうテクニックをご紹介しました。「どうしよう……」という感情は「どうしようもない」からこそ起きるという本質を悪用した、危険なテクニックでしたね。乱用注意で使ってみてください。

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 

【画像】

Kiselev Andrey Valerevich / Shutterstock

 


У нашей компании важный сайт , он рассказывает про https://www.progressive.com.kz.