愛では乗り越えられない!「同棲前にチェックしたい」ポイント5つ

今の彼と結婚を考えてるから、その前にちょっと同棲をしてみようかな? そんな風に考えて同棲を始めるカップルは多いですよね。 結婚してから色々なことが発覚するより、同棲で一度試してみてから結婚へ……という流れは重要です。です…

今の彼と結婚を考えてるから、その前にちょっと同棲をしてみようかな? そんな風に考えて同棲を始めるカップルは多いですよね。

結婚してから色々なことが発覚するより、同棲で一度試してみてから結婚へ……という流れは重要です。ですが、同棲も一度始めたらなかなか後戻りは難しいもの。

引っ越し費用も多くかかることなので、同棲してすぐにやっぱり駄目だったといって一人暮らしに戻るのも大変ですよね。

そこで今回は既婚者にリサーチをして、同棲または結婚前に「確認しておいてよかったなぁ」というポイントを聞いてみました。

 

■1:借金はないか

多かったのは、相手の経済状況の確認という話。付き合っているだけの段階ではなんとなく相手の収入などがわかっていても、具体的にどのくらいの収入があって、毎月どんなことにどれくらいお金をかけているのかなどはわかりません。

結婚のように財布を同じにするわけではなですが、「同棲前には相手に借金がないかだけは確認した」という人が大半でした。

とりあえず借金などがなく、普通に生活をしていくのに問題がないレベルだとわかれば、同棲を始めるのも安心できそうですよね。

 

■2:生活費の分担はどうするか

お金のことってなかなかハッキリとは話しにくいですよね。それでも、同棲をするとなると生活費の分担を考えずにはいられません。

家賃や光熱費などはどちらが払うのかなど、大体でも何を自分が払うことになるのかを確認しておいた方がいいようです。

基本的には家賃、光熱費は全部を足して半分半分にし、通信費などは個人で払うという人が多かったです。

 

■3:絶対に譲れないルールはあるか

付き合っている間にお互いの家に泊まったり旅行したりしていると、相手のことをわかったような気分になります。ですが、実際には相手のことを全然わかっていないということも多いようです。

たとえば「1日に1時間は絶対に一人の時間が欲しい」「お風呂はお湯をためて入らないと嫌だ」など、小さいことだと思っても、自分が譲れないルールはしっかりと相手に伝えておく方がケンカにならずにすむそうです。

また、こういった小さなことの食い違いが、一緒に住んでいると大きなストレスになり得るそうなので、その辺も注意したいですね。

 

■4:相手と自分の通勤に問題はないか

住む場所を決めるときには、相手のことを考えて少し自分の通勤には時間がかかる場所でもいいやなどと考えてしまいそうですよね。

ですが、仕事はやはり生活の要になるものなので、自分と相手の通勤時間に大きな差が出るような場所に住んでしまうと後々不平不満がたまってしまう可能性が高いそうです。

引っ越しはなかなか簡単にできることではないので、お互いにとって一番ベストな場所を考えた方がよさそうですね。

 

■5:自分のスペースはあるか

どんな人でも自分のスペースというのは必要でしょう。どんなに好きな相手とだって、ケンカをしたら少し距離を置きたいことがあるものですよね。

そんなとき、自分一人になれる空間があるかどうかはとても大事なことだそうです。

自分一人になれる空間があれば、お互いにそこで頭を冷やして仲直りも早くできますが、それができないと家を出なければいけなくなり、仲直りするのにも時間がかかってしまうとのこと。

自分の部屋はなくてもいいやと思っていても、狭くてもいいので各々の部屋を確保できる、お互いに相手を気にしないでいられるスペースを最低限は作っておけるようにした方がいいそうです。

 

いかがでしょうか? これから同棲を考えている人は、今回紹介したようなことに注意をしてみましょう。

同棲を始められるとわかったときには嬉しくて、多少の我慢はできると考えてしまいがちですが、やはり生活をしていくとストレスになることは多いようです。

そのストレス要因を最初に少しでも排除できるようにすると、同棲そして結婚へとスムーズにことが運びそうですね!

 【画像】
Antonio Guillem / Shutterstock