きゃ…何コレ!男子が敏感なカラダになっちゃう「女体化テク」3つ

みなさんは、男子をたっぷり気持ちよくさせちゃうテクってもっていますか? 恋愛においては奥手な人が多くなっちゃった男子も、エッチに関しては、ひとりでイイコトいっぱいしちゃって、勝手に開発済みなことも多くなりましたよね。 だ…

みなさんは、男子をたっぷり気持ちよくさせちゃうテクってもっていますか?

恋愛においては奥手な人が多くなっちゃった男子も、エッチに関しては、ひとりでイイコトいっぱいしちゃって、勝手に開発済みなことも多くなりましたよね。

だからこそ、「ひとりでしてるほうが気持ちいいし、恋愛なんてめんどくさいだけ~」なんて、どんどん引きこもってしまうわけですが……。

ひとりよりふたりの方が気持ちいいに決まっているじゃないですか。

男子がそんなことをのたまい出すのは、女子が男子が期待するエッチに追いつけていないだけです。

そこで今回は、そんな男子が「もう、あなたナシではいられない……」と敏感になりまくっちゃうテクを、官能小説家の小川沙耶さんにお聞きしました。

 

■1:“女体化”ソフトタッチ

「女子のみなさん、自分自身はたっぷりとエッチで感じていますか? もしそうならば、男子を感じさせるのはとても簡単。自分がしてほしいことをすればいいだけだからです。

最近の多くの受け身系男子の“エッチな幻想”は“女体化”。

“なんですか、それ?”という方は、検索していただければ、すぐにたくさん出てくるのでわかると思いますが、男子はたっぷり気持ちよくなりたいために、自身のカラダを“女体”のようにしたいのです。

彼がそれを知っていても、知っていなくても、気にすることはありません。

彼を女体のようにさせてしまう第一手として、まずは、彼のカラダを全身くまなく、ソフトタッチしてあげてください。ゾワゾワとした快感に鳥肌がたってくることでしょう」

 

■2:徹底的に焦らします

「全身の肌をソフトに触られる気持ちよさを教えてあげたら、今度は、もっと気持ちいい部分を触られたらどうなってしまうか、教えてあげましょう。

男子が感じる部分も、女子とそう変わりません。一番カンタンなのは、乳首ですね。

乳首が開発されちゃっている男子はたくさんいますが、すでに開発されていてもされていなくても大丈夫。

触るか触らないかのギリギリなところで、“焦らし”をたっぷりしてあげたらいいだけです。女子のみなさんなら、自身のカラダを通じて、当然ご存じかと思いますが、“焦らし”を使えば、彼のカラダの感度は10倍に。

ようやくちょっと触れられたときに、“あぁん……!”と大興奮しちゃいます」

 

■3:圧迫して、揺らしましょう

「最後は、彼のカラダの上に乗り、体重で圧迫しながら、快感とともにたっぷりと強引に、少し乱暴に揺らしてあげましょう。

これは、少し体重の重めな女子のほうが有利かもしれませんね。

カラダのコントロールを完全に奪われ、あなたの思いどおりにするしかなくなった彼は、その“観念”に、快感の声をあげてしまいます。

“どうしたの? 気持ちいいの?”と男子のような言葉をかけてあげたら、さらに興奮しちゃうはずですよ」

 

いかがでしたか。男子を女の子のように敏感なカラダにさせてしまう恐ろしいテクニックをご紹介しました。「そういうのは趣味じゃない……」と思う人も多いかもしれませんが、最近では、こうされるのが好きな男子は非常に多いようですよ。

 【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 【画像】
prudkov / Shutterstock