ガーン…赤裸々!男が彼女との「お風呂タイム」でイラつくこと5つ

「恥ずかしいけど、流れで彼氏とお風呂に入ることになったらどのようなことに気をつければいいの?」 こういった初々しい声がコミュニケーションプランナーの筆者に届くことが多々あります。 しかし、その反面、男性からは「彼女とのお…

「恥ずかしいけど、流れで彼氏とお風呂に入ることになったらどのようなことに気をつければいいの?」

こういった初々しい声がコミュニケーションプランナーの筆者に届くことが多々あります。

しかし、その反面、男性からは「彼女とのお風呂タイムが苦痛で仕方がない……勘弁してほしい」といったお風呂悲鳴ともいえる苦痛の声があるのも事実です。

そこで、まず筆者が行った調査では、100名の成人男性(同棲経験あり)のうち74名が「彼女とお風呂に入りたい」といった願望があるようです。しかし、「毎日一緒は嫌だ」や「気分が乗らないときは一緒に入りたくない」といった男性独特のわがままな声も多く聞こえました。

今回はさらに掘り下げるべく、男が彼女との「お風呂タイム」でイラつくこと5つについてもアンケートを実施してみました! これを彼女にされたら嫌だという男性のホンネの部分です。大変面白くユニークな回答が多数見受けられましたので、ご紹介いたします。

 

■1:お風呂でのムダ毛剃り

お風呂で彼女にされたらイラつくことのダントツの1位です。

どうしてイラつくのか?に対しては、「ムダ毛を剃りながら、見つめられたときの自分敗北感がハンパない」「もう俺にときめいてないからムダ毛なんて剃れるんだろと思う」や「恥ずかしいと思わないのか?」「全裸でムダ毛なんて剃られていたら、ひく」というのが男性の意見です。

お風呂でされたくない・彼女を嫌いになってしまうというより、「もう明日が頑張れなくなってしまう」といった自分のテンションが落ちてしまうというユニークな回答であったのが特徴的です。

男性は戦う生き物です。牙を折るような行為は慎んであげてください。

 

■2:好きなタイミングでお風呂から出れない

「もうあがるの?」「もっと○○してよ」といった、彼女の引き止めの言葉によって好きなタイミングでお風呂から出れないのが苦痛という拘束され系の声が多くありました。筆者も男であり、長風呂は苦手なのでこの気持ちはとても分かります。

男というのは、大好きな彼女から頼まれたら断れないものです。しかし、リラックスしたい・さっぱりしたいだけ!といった風に、その日によってお風呂の目的や気分は変わります。

お風呂が彼氏にとっての牢獄にならないように配慮をしてあげてください。

 

■3:お風呂で歌う彼女にどう接したら……

「突然、お風呂で彼女に歌われたら……どうした?となる」「彼女が歌いだしたら無視できない」「彼女が上機嫌なのは嬉しいけど、そのテンションで一緒に歌ってはあげれない」といった意見が多くありました。

その他に■2と似た意見になりますが、「彼女に歌いだされたらいつお風呂からあがっていいのか分からない」「彼女の歌の途中で上がるよとは言えない」といった彼が優しいがゆえの声も。

お風呂で歌うことは素敵なことですが、彼の視線とつま先が扉に向かっていないかを十分確認する必要がありそうです。

 

■4:しつこくイチャイチャしてくる

「疲れているときにイチャイチャを求められると苦痛でしかない」「セックスが終わった後のお風呂では、ゆっくりしたい」「イチャイチャ度がいつもに比べて下がると、今日は冷たいと彼女に言われる」といった逆に疲れてしまうという声です。

男性の多くはイチャイチャしたくてお風呂に一緒に入りたいと思う反面、「お風呂では彼女とゆっくりしたい」と思っている男性も多いのが事実です。

お風呂では、彼氏の様子を見つつの判断が重要です。彼氏以上にエロエロにならないほうが賢明でしょう。

 

■5:脱ぐのも早く、大胆に体を洗う!

「ここは銭湯か!と言いたくなる」「演技でもいいから多少は恥じらいを持ってほしい」「隠さないのはなんで?と不思議に思う」と言った意見が多く、■1と同様男性のテンションが下がり、明日が頑張れなくなる系です。

大胆に脱いだり洗ってしまうと男性は萎えてしまいます。

余談ではありますが、セックス前は恥ずかしがっていたのに、行為が終わったら女性が恥じらいを忘れるというのはよく聞くパターンでもあります。その流れで、お風呂にとなったら、気をつけたい点です。

彼氏との新鮮さを保つためにも隠すべき場所は、隠しましょう。

 

いかがでしょうか?

男性に比べて女性は、あまり一緒にお風呂に入ることを好まないものです。その理由は、「ゆっくり入りたいから」が大多数でしょう。ダントツの■1と■5以外の意見から、男性もお風呂ではリラックスを求めていることが分かります。

女性側からすると、「一緒に入りたがったのはオマエだろ!」って突っ込みたくなる気持ちは分かります。でも、男性はリラックスタイムのお風呂にも彼女を連れていきたいというなんとも可愛らしい生き物なんです。さらに癒してあげれたら彼女への愛も深まるでしょう。

お風呂に一緒に入って、彼氏に後悔やお風呂悲鳴ともいえる苦痛の声をあげさせないために参考にしてください。彼氏と、素敵なお風呂ライフを過ごしてくださいね。

 【画像】
George Dolgikh / Shutterstock