ぽっちゃりじゃなくてグラマーなの!最初に洗脳しておく方法3つ

みなさんは自己アピールをするとき、しっかりとイメージ操作をしていますか? どんなタイプの体型でも、良い風にも悪い風にも表現できるものです。 たとえば、良く言えばグラマー、悪く言えばぽっちゃり。痩せ形ならば、良く言えばモデ…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは自己アピールをするとき、しっかりとイメージ操作をしていますか? どんなタイプの体型でも、良い風にも悪い風にも表現できるものです。

たとえば、良く言えばグラマー、悪く言えばぽっちゃり。痩せ形ならば、良く言えばモデル体型、悪く言えばガリ。

恋愛においてはやはり第一印象が大切なので、ここはしっかりと良いイメージをつけたいところ。

そこで今回は、元No.1キャバ嬢で恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、第一印象でしっかりと“可愛いイメージ”を植え付ける方法を教えていただきました。

 

■1:ぽっちゃり系ならば、“胸”を強調

「最初に会ったとき、男子はやはり一番目立つ部分を、ついつい見てしまうもの。ぽっちゃり系女子が、普通に現れたならば、“なんか、ぽっちゃりした人だなぁ”という印象をもたれてしまうのは避けようがありません。

そこでおススメなのは、胸をしっかりと強調すること。

ぽっちゃりと、あまりにあまったお肉を、寄せて寄せて、“巨乳”な自分を演出しましょう。

いざというときに、脱いでも大丈夫。“リアル巨乳”の持ち主なんて本当に稀ですから、ほとんどの男子は、“こうなっているのかー”と、ただただ興奮冷めやらぬハァハァ状態で、飛びついてくるのみです」

 

■2:前もって良い風に言わない・言われない

「注意したいのが、前もって良い情報を与えないこと。合コンなどでは、特に注意が必要で、イケメンをおびきよせたい女友達から、“こっち、すっごくおっぱいが大きくてセクシーな子がくるよー”なんて言われてしまうと、台無しになります。

なぜなら、“期待が上がる=ハードルが上がる”の法則が発動してしまい、想像していたのと違う部分、つまり“意外とぽっちゃり”が目立ってしまうからです。

“巨乳というより、ただのぽっちゃりじゃねーかよ”なんて、自分では何も言っていないのに陰でディスられるという、最悪なパターンにはまってしまいます」

 

■3:プロフで補正する

「人間の記憶力など、しれたもの。悪くない第一印象を残せたら、あとはLINEアイコンなどで、“ぽっちゃり”に見えないような可愛い姿を何度も見せつけ、その印象を固定してしまえばOK。

“可愛かった”、“巨乳だった”思い出だけが、あなたからのトークがくるたびにフラッシュバックし、“早くまた会いたいなぁ~”と思わせることができます。

彼のそんな期待を裏切ることなく、二度目も三度目も、きちんと“ぽっちゃり”部分ではなく“胸”を強調しておくことを忘れないようにしてください。

すべては惚れさすまでの辛抱です。一度惚れさせてしまえば、“ぽっちゃり”部分さえも“愛しい。これがええんや~”と萌えてくれますから」

 

いかがでしたか。第一印象でバッチリ決める方法について教えていただきました。胸を強調するのはちょっと恥ずかしい……と思われる方もいるかもしれませんが、“ぽっちゃり”と思われるのはもっと恥ずかしいことですよ。やりましょう。

 【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。