それイヤだ!さすがの男子も引いちゃう「女子のエッチ作法」3つ

女子のみなさんは、男子はエッチなことならなんでも好きかと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。 やはり人それぞれ趣味嗜好がありますし、よほどの変態でない限り、あまりの“やりすぎ”は、引いてしまうものです。 …

女子のみなさんは、男子はエッチなことならなんでも好きかと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

やはり人それぞれ趣味嗜好がありますし、よほどの変態でない限り、あまりの“やりすぎ”は、引いてしまうものです。

とはいえ、ちょっとした色っぽさは必要なのは間違いありません。女子からすると、なかなかエロさじ加減って難しいものですよね。

いったい、どういったエッチをすると、基本的に男子から嫌がられてしまうのでしょうか? 官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんにうかがいました。

 

■1:恥じらいがない

「男子を興奮させるのに、やはり一番重要なのは“恥じらい”です。

言葉やしぐさ、ポーズやシチュエーション、“恥じらい”の表現を学ぶのは、もはや女子のたしなみと言ってもいいでしょう。

いくら慣れた相手で、エッチするのが大好きだとわかっているからと言って、サザエさんの中島くんが“磯野~、野球やろうぜー”と誘うようなノリではダメです。

どんなに早くやりたくてしょうがなくても、“恥じらいながら誘うところから、エッチは始まっている……”と子宮に刻み込んでください。

準備するところから、旅行が始まっているのと同じですね」

 

■2:反応がない

「いくら“恥じらい”が大事だからといって、相手からのアクションに、まったく反応がないのはNGです。

“恥ずかしいから、声も出せないの……”というポーズかもしれませんが、それでは相手に伝わりません。

声を殺したいけれど、思わず漏れてしまう……。こういった“恥じらい”表現のほうが、男子をたっぷりと興奮させることができます。

本気でガマンして、ピクリとも動かず、ぅん……とも声を出さないようだと、“ぜんぜん気持ちよくない”と表現しているようにとられてしまうのです。

この辺のさじ加減は難しいかもしれませんが、“反応したくないのに、反応しちゃうっ”というエロさを、しっかりと勉強してください」

 

■3:わからない

「いきなり自分から、エッチなテクを駆使しようとすると、男子は引いてしまう場合があります。

ですので、できれば相手に促されてから、“恥じらい”をもって、エッチなことをしてあげるといいのですが、そんなとき、“えっ、えっ、何をどうやるの?”と本気でわからないのはNG。

いざというときには、知らないふりをしていたくせに、“どこで誰に習ったんだよ!”ってくらい、ねっとりと気持ちよくさせたほうが、喜ばれます。

“どうするのか、わかりません……。恥ずかしい”というのは、あくまで“恥じらい”のポーズなので、いざ実践!となったときに、たっぷり気持ちよくさせてあげられるよう、しっかりと勉強しておきましょうね」

 

いかがでしたか。男子から引かれてしまう“エッチの作法”を3つご紹介しました。なかなかバランスが繊細のようですが、愛があればできるはず。彼の興奮ポイントを、しっかりと見極めてくださいね。

 【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。