こういうのが好きなんでしょ…?誘って大モテ「男が好きなH」3つ

  • Evernoteに保存

みなさんは自分のHに自信がありますか?

あまり「ハイっ! 私のHは最高ですっ!」なんて前面に出しすぎると淫乱ビッチだと思われてモテそうにないですが、いざというときに意外と上手だと、男子を虜(とりこ)にできちゃうのもまた事実。

大好きな彼とひとつになるその日のために、ここはしっかりと技術を磨いておきたいところ。

「でも、私は不器用なんでムリですぅー……」というあなたのために、今回は、さして技術がなくても男子に大喜びされちゃうHのやり方をご紹介します。

官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんにお聞きしました。

 

■1:あなたなしでは、もうダメ……

「多くの男子がもっている幻想として、自分のHテクでメロメロにして虜(とりこ)にしたい……というものがあります。

経験人数が多い女子が敬遠されがちなのは、“そんなに経験があるのなら、俺なんかじゃ気持ちよくさせられないだろうな”という思いからなのです。

“彼女の人生のなかで、俺のHが最高じゃないとイヤだ”。こういう嫉妬混じりの可愛い男心を決して忘れないでください。

きっちり愛し合っていれば、最高のHはできるものですが、やはりたっぷりと感じるにはある程度の経験が必要。ここは逆説的な矛盾を含んでいますよね。

彼に触れられたとき、つながったときに、きっちりと感じている姿を見せられるように、自分のH感度をしっかりと高めておいてください」

 

■2:こーいうの、されたかったんでしょ?

「Hの世界にも流行というものがあります。私は官能小説家なので、いつも研究しているのですが、ここ最近の流行は“男子の受け身”です。

なので、慣れてきたら、たっぷりとこちらから攻めてあげられるように、痴女ものなど最近のエロ・コンテンツを研究しておきましょう。

“私はそういうキャラじゃないし……”と思ったあなたほど、大チャンス。

最近では、ブリッコとか“妹キャラ”などが、可愛らしい言葉で男子を攻めちゃうパターンもすごくウケているのです」

 

■3:NGはナシです!

「AV女優にはNGというものがあって、“こういうプレイはナシ”と前もって決められています。

AVの世界だけではなく、みなさんも自分のなかで、“絶対に●●はしたくない”と決めているものがあるかもしれませんね。

ですが、“愛している”彼女から、“それはしたくない……”と拒まれてしまうと、男子からすると“愛が足りないな”と感じてしまうもの。

外で他の積極的な女子が、そのプレイをしてくれたとき、“こっちの子のほうが、俺を愛してくれてる”なんて思ってしまうのです。

これはテクの問題ではなく、やるかやらないかの問題です。

イヤだと思う気持ちはあるかもしれませんが、“彼を奪われるかも”ということとまで天秤にかけて、断るかどうかを決めたほうがいいかもしれません。

もし、それでもイヤだと思うようならば、あなたは彼よりも自分のことが好きなんでしょうね」

 

いかがでしたか。男子が大好きなHについて3つ教えていただきました。これらのポイントをおさえることができれば、彼氏を完全に虜にすることも可能かもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ 「ラブラブな彼女がいるときにカラダの浮気ってできる?」男の本音

※ ぽっちゃりじゃなくてグラマーなの!最初に洗脳しておく方法3つ

※ ウソ…興奮?なぜかスイッチオンしちゃった「ブサ男とのH」3つ

※ 俺も遊んじゃおっと!男が「勝手に浮気認定する」女子の行動4つ

※ 「ぶっちゃけ今の彼女と結婚する気はありますか?」男子ホンネ炸裂

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。