意外と大興奮!? 「愛がないエッチ」が超気持ちイイ瞬間の秘密…

みなさんは“愛がないエッチ”をすることなんて考えられますか? どう考えても、最低の行為ですよね。ですが、シチュエーションによっては、“愛がないエッチ”が最高に気持ちイイ場合もあるのだとか……。 新宿・渋谷で女子50人を対…

みなさんは“愛がないエッチ”をすることなんて考えられますか?

どう考えても、最低の行為ですよね。ですが、シチュエーションによっては、“愛がないエッチ”が最高に気持ちイイ場合もあるのだとか……。

新宿・渋谷で女子50人を対象に行ったアンケートとインタビューの結果を元に、官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんに解説をいただきます。

 

■愛がないエッチをしたことがある・・・34%

「愛がないエッチをしたことがありますか?」という質問に、50人中17人が「ある」と回答。そのお相手は……?

1位:もう冷めてる彼氏・・・8人(47%)

2位:合コンやナンパなどワンナイトラブ・・・5人(29%)

3位:男友達や知り合いと・・・4人(24%)

“愛がないエッチ”の相手として、一番多かったのは「もう冷めてる彼氏」。冷めてるとはいえ、別れていない場合、エッチに応じてしまうこともあるのかもしれませんね。

 

■愛がないエッチで感じたことがある・・・41%

「愛がないエッチで感じたことがありますか?」と続いて質問したところ、17人中7人(41%)が「ある」と回答。

4割の女子が、愛がないエッチでも感じてしまった経験があるようです。

そのなかでも「今までしたエッチのなかで一番感じた」と語ってくれたA子さんのお話をご紹介しましょう。

 

■「もう愛してない」って言ったのに……

「2年付き合った彼氏に、“もう好きじゃないから。別れよう”と言われました。

そんなの信じられなくて、受け入れられなくて、“ちょっと倦怠期なだけだよ……。もうちょっと、がんばろ?”と答えたんです。大好きだったから。

そしたら、その後、とても冷たい扱いをされました。言葉で言ってわからないから、行動で示そうとしたのかもしれません。一緒にいる時間がつらく感じるほど、“もう好きじゃない”アピールをされました。

でもある夜、“そんなに俺のこと好きなら、俺の好きなようにさせろよ”と、彼が襲いかかってきたんです”。冷たい顔が悲しかったけど、彼にちょっと触れられただけで、とても感じてしまいました。このぬくもりがずっと欲しかった……と思いました。

エッチの最中には、“愛してる?”って泣きながら聞き続けたけど、“うるせー”と言われ、悲しい思いでいっぱいに。でも、今までで一番ってくらい……感じてしまったんです」(25歳/魚座B型)

 

■カラダだけでも愛されたい?

彼女はどうして、愛がない彼氏にされたエッチに感じてしまったのでしょうか。官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんにお聞きしました。

「快感を高める一番の媚薬は、物理的にも精神的にも“焦らし”です。

彼女には、“彼はまた愛してくれるはず”という思いがあったため、冷たくされている期間は、それがなかなか与えられず、ひとりで“徹底的に焦らされている状態”になっていたのでしょう。

それがこの夜、カラダを求められることで、一気に爆発したため、“衝撃的な快感”を味わったのだと思います。

“欲しいもの=愛情”に、徹底的に飢えさせることで、その瞬間を“忘れられないくらいの快楽”に結びつけることができます。これはホストなどもよく使うヤリ口なので、女子のみなさんは気をつけてください。

“欲しいもの”というのは、“もしかして、手に入るかもしれない……”という希望があるからこそ、欲しくなるもの。悪い男は、それも知りつくしていて、ほのかな希望と冷たい日常、衝撃的な快楽を与えることで、あなたをどんどん虜(とりこ)にしますよ」

 

いかがでしたか。“愛がないエッチ”に関する調査とその分析をご紹介いたしました。場合によっては大きな快楽を得ることもできるようですが、その代償はとても大きいものですね。

 

【関連記事】

※ 「ラブラブな彼女がいるときにカラダの浮気ってできる?」男の本音

※ ぽっちゃりじゃなくてグラマーなの!最初に洗脳しておく方法3つ

※ ウソ…興奮?なぜかスイッチオンしちゃった「ブサ男とのH」3つ

※ 俺も遊んじゃおっと!男が「勝手に浮気認定する」女子の行動4つ

※ 「ぶっちゃけ今の彼女と結婚する気はありますか?」男子ホンネ炸裂

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 

【画像】
KIRAYONAK YULIYA / Shutterstock