それやめろよっ!男子に怒られた「エッチのときのNGマナー」3つ

みなさんはエッチのときに男子から怒られたことはありますか? 愛の営みの最中に、怒られてしまうなんて最低ですよね。 でも、お互いに愛を確かめ合いながら気持ちよくなる崇高な行為だからこそ、「ちょっと、それはやめてくれ!」と怒…

みなさんはエッチのときに男子から怒られたことはありますか? 愛の営みの最中に、怒られてしまうなんて最低ですよね。

でも、お互いに愛を確かめ合いながら気持ちよくなる崇高な行為だからこそ、「ちょっと、それはやめてくれ!」と怒りも湧きやすいのかもしれません。

いったい男子は、エッチの最中の女子のどんな行為に怒りを覚えてしまうのでしょうか?

今回は、官能小説家の小川沙耶さんにご協力いただいき、「エッチのときに男子に怒られてしまったエピソードを教えてください」と女子たちにインタビューしてきました。

 

■1:キスマークをつける

「エッチをしたときに“すごく好き”という気持ちが盛り上がりすぎてしまい、彼の首筋にチューッとキスマークをいっぱいつけたら、“あー! なにすんだよ!”と怒られてしまいました」(23歳/サービス業)

—キスマークで怒られた……。その彼とは付き合っていたのですか?

「付き合ってはいないけど、似たような関係でした。他の男と遊んじゃダメだと言われていたし。他の女の子と遊ばないでほしいとも伝えてありましたから。

“他の女に見られるとかそういうのじゃなくて、恥ずかしいからやめろよ。スーパー銭湯行けねーよ!”とキレられました」

—確かに、他の男子に見られるのは恥ずかしいものですよ。

「そうなんですね。それ以来つけていません。つけてやるもんかっ!」

 

■2:まったく触らない

「若い頃の話ですが、彼氏のものでもなにか汚く感じてしまって、全然触らないでいたら、“それって失礼じゃない? 本当に愛してるの?”と怒られました。でも、本当に汚いと思って、イヤだったんです」(24歳/メーカー営業)

—潔癖性なんですか?

「どちらかというとそうですね。今でも汚いと思っています。いくら愛していても、したくないことだってあります」

—今でもそういうことはしない?

「今の彼氏は、“しなくていいよー”と言ってくれて、とてもうれしくて、御礼の気持ちでたまに……」

—イヤでも愛があるから、してあげるんですね?

「……でも、私、実は今、浮気していて、その男性だと大丈夫なんです。むしろ、してあげたくなっちゃうんですよ。そっちのほうが、愛なのかなと思います」

 

■3:「もっとしたい」と言う

「エッチが終わった後に、気持ちよかったから“もっとしたいー”と言っていたら、“そんなに満足できなかったのかよー?”と怒られたことがあります。

満足できなかったんじゃなくて、満足してるから、もっとしたいと言ったのですが……」(25歳/美容部員)

—男子は一度満足すると、復活まで時間がかかりますからねぇ。

「それはわかっているのですが、“よかったよ”と伝えたくて、そう言っただけなんです。言葉って難しいですね」

 

エッチのときに男子に怒られてしまったエピソードを3つご紹介しました。一緒に取材をしてくれた小川沙耶さん、いかがでした?

沙耶「今まで触るのがイヤだったのに、浮気相手のは触りたい……って話が印象に残りました。“愛があるなら触れるだろ”って怒ってた元カレは正しくて、触れないってことは、本当に愛がなかったのかもしれませんね。自分でも気づいていなかったけど……」

 【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 【画像】
Guryanov Andrey / Shutterstock