ちょ…なにしてんのっ!? マジで驚いた「びっくりエッチ体験」2つ

みなさんには、びっくりしちゃったエッチ体験ってありますか?

ときどきとんでもない男子に当たって、「ねーねー、この前、こんな人いたんだけどー!」なんて感じで、女子会などで報告してるかもしれませんね。

世の中には本当にいろいろと変わった人がいるもの。もちろん、エッチだって「な……、なにしてんのっ!?」と思うような変わった趣向がある人だっているのです。

そこで今回は、官能小説家の小川沙耶さんにご協力いただき、渋谷・六本木にて「とてもびっくりしちゃったエッチ体験があったら教えてください」と女子たちにインタビューしてきました。

 

■1:夏なのに……

「男友達の部屋に遊びに行ったんですが、クーラーがあるのに全然つけてくれなくて、本ッ気で暑かったんですよ。

“ねー、暑くない?”と言っても、“そうだね。暑いでしょ”と言うばかりで……。

最初は“暑いー!”と近くの雑誌であおいでいたんですが、耐えきれなくなって、“ねー、クーラーつけようよ”と言ったんです。

そしたら、しぶしぶと“ピッ”ってスイッチを入れてくれたんですが、熱気がむぁ~! なんと暖房を入れてたんです!」(24歳/飲食店店員)

—なにしてるんですか、その人?

「“ねー、暑いんだけど! これ暖房じゃない?”って言ったら、“確かに暑いな……。ちょっと脱ごうか?”と、おもむろに服を脱ぎ出して。

“脱いだら涼しいよ、ほら。脱ごうよ”って、ムリを言い出しました。どうやら、暑くすれば服を脱ぐだろうと思っていたみたいです」

—おもしろいなー、その人(笑)。本気でやってるんですか?

「超本気ですよ。“脱いでもいいけど、暑いからくっつかないよ!”と言ったら、急いでクーラーいれてました。そこまでするかと、ちょっとかわいくてエッチしちゃいましたけどね」

 

■2:二枚重ね

「いざエッチ!というときに、ごそごそと自分の下半身に怪しい動きをしている男子がいました。のぞいてみると、一生懸命にコンドームをつけているんですが、なかなかつかない様子。

慣れてないのかな?と思ったのですが、よく見てみると、もうすでにコンドームはついてたんです。コンドームの上にコンドームをかぶそうとしていました」(25歳/美容部員)

—なにしてるんですか(笑)?

「“なにしてるの?”と言いましたよ、私も(笑)。そしたら、真剣な顔で、“コンドームをつけてるんだよ”と言うから、“いや、もうついてるよね!?”って。

“一枚じゃ不安だから、二枚のほうが安心だろ? オマエのこと、本当に大切にしたいから”なんて言ってましたが……。

あとからわかったんですが、その人、すっごく早漏で、二枚重ねることで刺激を少なくしようとしてたみたいです」

—二枚つけると、ゴム同士で摩擦して破れやすくなるから危ないみたいですよ?

「そうなんですか? 本当に迷惑な話ですね。結局二枚目をつけるのに手間取ってる間に雰囲気がこわれたのでエッチしなかったのですが、しなくて本当によかったです」

 

びっくりエッチ体験のエピソードを2つご紹介しました。一緒に取材をしてくれた小川沙耶さん、いかがでしたか?

沙耶「とてもかわいい男子たちのエピソードでしたね。クーラーの話で、結局かわいくてエッチしてあげたという話にキュンとしました。

実は、こういう男子のかっこ悪くも見える“強がり”をかわいいと思えないと、なかなか“彼氏候補”になる相手って見つからないのではないのでしょうか。男子なんてみんな、女子からすればバレバレな感じの強がりをするから。エッチに関しては、特に……」

 

【関連記事】

※ 「ラブラブな彼女がいるときにカラダの浮気ってできる?」男の本音

ぎょぎょぎょー!男子が「されると嫌がる」反則ワザなHテク3つ

ぎょぎょぎょー!男子が「されて喜ぶ」反則ギリギリなHテク3つ

マンネリ知らず!10年以上の長続きカップルが語る「エッチの秘密」

※ 「ぶっちゃけ今の彼女と結婚する気はありますか?」男子ホンネ炸裂

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 

【画像】
gpointstudio / Shutterstock