全然風流じゃない…!浴衣デートで「やっちゃダメなNG行為」3つ

花火大会に夏祭り、このシーズンは様々なイベントが目白押しです。そんな夏イベントに浴衣を着て出かけるという女性も多いのではないでしょうか? 涼しくて風流な浴衣ですが、実はいくつかの点に気をつけておかないと男性をゲンナリさせ…

花火大会に夏祭り、このシーズンは様々なイベントが目白押しです。そんな夏イベントに浴衣を着て出かけるという女性も多いのではないでしょうか?

涼しくて風流な浴衣ですが、実はいくつかの点に気をつけておかないと男性をゲンナリさせてしまう可能性があるというのです。

そこで今回は、せっかくのデートを台無しにしてしまう、そんな“浴衣デートのNG行為”についてみていきたいと思います。

 

■1:花魁みたいな浴衣を着る

男性を喜ばせたいと思って、花魁のように露出の多い浴衣をチョイスしたり、丈の短い“ミニ浴衣”を選ぶのは避けましょう。

過去に『Dangdep!』が調査した結果によると、男性の多くは“露出の多い浴衣を着た女性”とは一緒に歩きたくないと答えていました。

清楚で風流であることが浴衣の特徴ですから、あまりにもセクシーすぎる浴衣は男性の希望ではないのです。

 

■2:新品の下駄を履いていく

せっかくの浴衣デート。浴衣を着る機会は年に何度もありませんから、ついつい“全身新品”で出かけたくなりますよね。しかし、下駄だけは注意が必要です。

普段履きなれない下駄の鼻緒では、デートの最中に足の指を痛める危険性があります。足が痛くなって歩けなくなるとデートどころではありませんよね。

買ったばかりの下駄を履こうとしている際は、デートの前に一度履いてみて、痛くならないか確認しておきましょう。

 

■3:露骨にイライラする

浴衣デートにはトラブルが付きものです。人混みが凄かったり、浴衣のせいで歩きにくかったり、浴衣の生地に屋台の食べ物をこぼしてしまったり、そんなときに彼の前で不機嫌な顔をしてはいけません。

せっかくの浴衣デートなのに自分の彼女がイライラしていたら、男性もゲンナリですよね。

浴衣で赴く場所は野外であることも多く、暑さが残っているような場合は、彼も機嫌を損ねやすいコンディションです。些細なことからケンカになり、浴衣デートが台無しになることもあるでしょう。

 

いかがでしたか?

風流な浴衣デート。これらのNG行為を避けて、彼と楽しい夏の思い出を作ってくださいね。

 【参考】

※ それじゃ逆効果!オトコががっかりする「浴衣デートのNG」まとめ – Dangdep!

 【画像】

By