今日はヤメテぇ…!男子が「エッチしたくない」ときのサイン3つ

みなさんは、エッチしたくない日ってありますか? いくらラブラブな彼氏が相手でも、“ノリ気”じゃない日もありますよね。そんな日は、しょうがなくさせてあげることもあるかもしれません。 逆に男子のほうは、いつでも「エッチしたい…

みなさんは、エッチしたくない日ってありますか?

いくらラブラブな彼氏が相手でも、“ノリ気”じゃない日もありますよね。そんな日は、しょうがなくさせてあげることもあるかもしれません。

逆に男子のほうは、いつでも「エッチしたいなー」なんて思っているのでしょうか? 一度してしまうと、復活に時間がかかるのはご存じかと思いますが、それとは別に、“したくない日”などあるのか、気になりますよね。

そこで今回は、男子の性事情について日夜研究し続けている、官能小説家の小川沙耶さんに、彼女の「執筆取材ノート」から、“男子がエッチしたくないときのサイン”について、教えていただきました。

 

■1:くすぐったがる

「男子が本当にエッチしたいか、したくないか。それを知るには、彼のカラダに聞くのが一番。

なんかちょっと疲れ気味だったり、そういう雰囲気じゃなかったりで、エッチなムードにならないときもあると思いますが、ただ“手を出してこない”だけでは、本音はどうなのかわからないもの。

そこで、首筋や胸元など、上半身を優しくソフトな感じで触ってみてあげましょう。リラックスさせて、優しく色っぽく触ってあげるのがポイントです。

そこでビクンと、下半身もスイッチオンとなれば、カラダが“エッチしたい”証拠。

くすぐったがっちゃって、“やめろよー!”と本気で嫌がるようであれば、エッチしたくない状態なのでしょうね」

 

■2:時間を気にしまくる

「■1は、仲良しカップルのシチュエーションでしたが、今度は、デート相手の男子について考えてみましょう。

かなり早めの時間から、“電車大丈夫?”とか、“明日、早いんじゃない?”とか、こちらが何も言っていないのに勝手に心配しまくってくる場合は、“エッチしたくない”というか、“早く帰ってほしい”サイン。

しきりに“何時になった?”などと確認するときも、遠回しに“今夜、君とはエッチするつもりはないから、早く帰ろう”と伝えたいことが多いもの。

恥をかく前に、早めに切り上げて、次はもう少しセクシーな格好でデートしてみましょう」

 

■3:「ゴムがない」とあきらめる

「基本的に、いざエッチ!というシチュエーションになったら、男子はなかなかガマンができるものではありません。

にも関わらず、“あ、いまゴム持ってなかった……”と、することをあきらめるようなときは、本当はあまり“したくない”可能性が高いです。

ラブホなどでは、備え付けのコンドームなどもありますが、“こういうところのコンドームは危ないから……”などと、直前でエッチをやめてしまうような場合も、本当はあまり“したくない”場合がほとんど。

本気でスイッチオンになった男子だったら、ダッシュで近くのコンビニに走って買ってきたり、付けないでしようとしたり、“ひ、必死だなぁ……”と思ってしまうような行動をします。

“今日はやめておこうか”と言ってくれるのは、決して優しさからではない場合がほとんどです」

 

いかがでしたか。男子が“エッチしたくない”ときのサインについて3つご紹介しました。「相手がムラムラとノリ気じゃないときは、女子側も感じないことがほとんどですよ」と、最後に教えてくれた沙耶さん。

夜のデートをしたからといって、「しなきゃかなぁ……」とムリすることはないようです。

 

【関連記事】

「元カノとエッチしたいと思う?」男子に聞いたらいろいろわかった

違うのにぃ!男子が「なぜかムラっとしちゃう」エロLINE3つ

もう…ダメかなぁ?彼氏のエッチに「ときめかなくなった瞬間」3つ

あぁ勘違い?男子が「本命の子にやらかしちゃう」ダメダメH3つ

「たまには他の女子とデートしたい?」ラブラブ彼氏の意外な回答

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 

【画像】
conrado / Shutterstock