LINEでグッと!「女友達から彼女候補になる」テクニック4つ

気になる男性がいるのに、相手からは全然意識してもらえない……。そんなときあなたはどうやって彼女候補にのし上がりますか? 男性からいったん女友達として認定されてしまうと、彼女候補になるのはなかなか大変です。ですが、男性陣に…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になる男性がいるのに、相手からは全然意識してもらえない……。そんなときあなたはどうやって彼女候補にのし上がりますか?

男性からいったん女友達として認定されてしまうと、彼女候補になるのはなかなか大変です。ですが、男性陣にリサーチしてみたところ、ある瞬間にグッと心が引き寄せられるなんてこともよくあるそうです。

今回は男性陣が女友達だと思っていた女性を彼女候補に変えたLINEをご紹介します。

 

■1:「寂しいな……」

男性は夜、一人でいる時間にふいに入ってきたLINEでドキッとしてしまうことが多いそうです。そんな中の一つが「寂しい」というモノ。

友達だと思って、軽いノリでスタンプなどを返すそうですが、その返事が「もう少し話しててもいい?」などだと、いきなり女として意識し始めてしまうんだとか。

これは男性の女性を守りたいという保護欲を刺激するのかもしれませんね。

 

■2:「2人っきりがいいー」

次に飲み会をする約束などをしているLINEの途中で、「○○君と二人っきりがいいなぁ」と言われた時に、いきなり2人でのデートを想像して彼女候補になってしまったこともあるそうです。

男性は妄想が大好きです。好きかどうかではなく、すぐに妄想が勝手に始まってしまうと言う方が正解かもしれません。

なので、あなたと彼が2人っきりでどこでどんな風に過ごすのかが具体的に書かれていると、その場面を想像してしまうのだとか。

あなたの理想のデートなどを語ってみるといいかもしれませんよ。

 

■3:「○○君は私のこと嫌い?」

大体の場合、友達だと思っている女性に対して、男性はあまり深く考えることはありません。ですが、こんな風に「○○君って私のこと嫌いかな?」などと聞かれると、男性はそこで相手についてしっかりと考え始めてしまうのです。

そして、考えるときにあなたのいい面がたくさん思い浮かべば、あなたは晴れて女友達から、彼女候補に格上げされるという寸法。もちろん、そこでやっぱり「嫌いじゃない。でも友達としてだな」と思われてしまったら仕方がありません。

脈ありかどうか確かめたいときにも使ってみると言い技かもしれません。

 

■4:「今度○○君と遊びに行ってきてもいい?」

こんな風に、友達同士なら許可をとらなくていいことのはずなのに、いきなり女性側から許可を求めてくるようなLINEを見ると、男性はとたんに“自分の支配下”という意識を持ってしまうそう。

もちろんあなたを支配したいと言うわけではなくても、守らなければと感じるそうです。そして、その許可の中に他の男性の姿が見えると勝手に嫉妬し出します。

これは相手の嫉妬を逆手にとってあなたへの気持ちに気付かせるという方法として使えそうです。もちろんそんなの関係なく「別に俺に言わなくてもいいじゃん」なんて返してこられる可能性もあるので、その時はご愁傷様です。

 

いかがでしょうか? 気になる彼にLINEを送るとき、いつまでも友達から抜け出せないとなるとやっぱり辛いですよね。

そんな現状を打破するために、まずは相手の気持ちを少しずつ揺らすようなメッセージを送ってみましょう。友達と恋人候補の差はそこまで広くないと言う男性が多いようなので、うまくいけば彼女になれる可能性も高いですよ!

 【画像】

oatawa / shutter stock