ウソ…私がこんな?夫には絶対内緒「一回限りの凄すぎたエッチ」

みなさんは不倫を許せますか? 一生愛すると誓った相手を裏切る行為、不倫。もし、それが、決してバレない“一回限りのこと”であったとしても、自分たちの“愛”を裏切った罪悪感は決して消えるものではありません。 それが自分のこと…

みなさんは不倫を許せますか? 一生愛すると誓った相手を裏切る行為、不倫。もし、それが、決してバレない“一回限りのこと”であったとしても、自分たちの“愛”を裏切った罪悪感は決して消えるものではありません。

それが自分のことを疑ってしまうくらい、どうしようもないくらい“凄いエッチ”だったら、なおさらのこと。

ダメだと思い、思い出すだけで罪悪感がいっぱいなのに、なぜか身体は、ふたたびそれを求めるように反応してしまう……。そんな“凄いエッチ”を経験してしまった女性は、どういう気持ちでいるのでしょうか?

今回は、官能小説家の小川沙耶さんに協力していただき、“一回限りの凄いエッチ”を経験してしまった奥さまに、取材を敢行しました。

 

■1:キレイと言われて

「結婚して6年、その間、夫以外の男性と接触することはほとんどありませんでした。子どもはいません。夫とは、仲は悪くなかったですが、ずっと一緒に暮らしているので、愛の言葉などをかけあうことはなくなっていました。

そんなとき、Facebookで若い頃に遊んだ男性から友達申請があり、懐かしさに話がはずみ、“お茶くらいいいかな”と、ランチを一緒にしたのです」(33歳/結婚歴6年)

—その男性とは、若い頃に関係があったのですか?

「いえ、ただのお友達。平日のランチの時間に、外回りで出てきてくれた彼は、昔のやんちゃだった頃と違い、パリッとスーツ姿で素敵でした。

“おー、久しぶり! 相変わらずキレイだねー”と挨拶代わりに言われたのですが、すごく、すごく嬉しくて。

誰かにキレイなんて言ってもらえるの、本当に久しぶりだったから。

“そんなことないよー。シワも出てきちゃったし、老け目になっちゃってるしー……”

と答えたんだけど、“いや、マジキレイ。昔からキレイだったけど、色っぽさがマシたなー”って、どんどん褒めてくれて」

 

■2:その後、思い出のラブホに

「とにかくすごく優しかったんです……。昔、共通の知り合いがラブホに入っていくところを、一緒に目撃したことがあるんですが、久しぶりにそこを見に行ったついでに、“俺たちも入ってみる?”なんて誘われ……」

—そして、関係をもってしまったと?

「“中も見てみよっか!”って。若い頃に戻った気持ちになって悪ノリしてしまい。

少し緊張しながら部屋に入ると、いきなり後ろから強く抱かれて、“本当にキレイだね……”と耳元で言われました。そのまま、正面を向かされて、思いっきりキスしたんです。

キスをしたのも、久しぶりだったので、歯止めがきかなくなってしまいました」

 

■3:壊れてしまいそうに

「そしてそのままベッドに連れて行かれ、押し倒され、身体を許してしまったのです。

エッチの最中も、“本当にキレイだ”とか、“前からこうしたかった……”とか、ずっとしっかり目を見つめて言ってくれて。

私の肉体が求められている……。そういう愛情を、久しぶりに感じることができて、うれしかったんです。

心も身体も気持ちよくなって、必死で抱きついていました」

—その後、その男性とはどうなりましたか?

「ホテルから出た後は、“なんてことをしてしまったんだ……”と正気に返り、相手の連絡先はすべて消し、ブロックしました。

いまでも罪悪感でいっぱいで、消したい過去ですが、あの時間に戻りたがっている自分をたまに感じ、言いようもない気持ちで、壊れてしまいそうになります」

 

一回限りの凄い不倫をしてしまった奥さまのお話をご紹介しました。一緒に取材をした小川沙耶さん、いかがでしたか?

沙耶「卑猥(ひわい)な話ですねぇ。彼女は、この先ずっと、罪悪感を抱きつつ、このときのエッチな思い出に“縛られて”生きていくのではないでしょうか。苦しいけれど、感じてしまう自分に翻弄されながら、いつかそれが恍惚に変わる日まで」

 

【関連記事】

「たまには他の女子とデートしたい?」ラブラブ彼氏の意外な回答

知らなかった!女が「男のエッチ」について勘違いしてること3つ

彼氏のと違うよ…!浮気相手に教えられちゃった「本当のH」3つ

「元カノとエッチしたいと思う?」男子に聞いたらいろいろわかった

違うのにぃ!男子が「なぜかムラっとしちゃう」エロLINE3つ

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【画像】
Artem Furman / Shutterstock