アリなのにぃ!繊細男子が「断られた…」と誤解する女子の言動3つ

みなさんは、「いい感じかなぁ」と思ってた男子から、あまり連絡が来なくなって、結局うまくいかなかった経験はありませんか? 「私のこと、あまりタイプじゃなかったのかな……」なんて思ってしまうかもしれませんが、実は、ただの“す…

みなさんは、「いい感じかなぁ」と思ってた男子から、あまり連絡が来なくなって、結局うまくいかなかった経験はありませんか?

「私のこと、あまりタイプじゃなかったのかな……」なんて思ってしまうかもしれませんが、実は、ただの“すれ違い”だったなんてのも、よくある話。

相手のほうも、「フラれちゃたかなぁ」とくよくよしてしまっている。そんな馬鹿馬鹿しくもったいない状況だってあるのです。

特に、繊細な男子が相手の場合は、言動のひとつひとつに注意しなければなりません。

そこで今回は、元No.1キャバ嬢で恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんに、繊細な男子が「あぁ……断られちゃった」と勘違いで引いてしまう、女子のNG言動を教えていただきました。

 

■1:酔っちゃった

「デートをしていて、“酔っちゃった……”と女子が言った場合、肉食な男子ならば、“今夜は行けるぜー!”とガッツポーズを決めるはず。

でも、繊細な男子相手の場合は、話が別。

“酔っちゃった……”という一言で、“あぁ、もうこれ以上飲めないから帰りたいって遠回しに言われちゃったぁ”と、勝手にがっかりしてしまうのです。

そこで出る、“そろそろ帰ろう”という空気の読めない言葉は実は、本人は精一杯に空気を読んだつもり。

“酔っちゃった……”と言った手前、なかなか“もう一軒行こうよ!”と切り出しづらい女子を、大撃沈するわけです」

 

■2:えー……悪いよぉ

「デートの帰り道、遅い時間なので、お相手から、“送っていくよ”と提案されることもあるでしょう。

そんなとき、送ってもらいたいとしても、一応礼儀として、一度は“えー……悪いよぉ”と断ってみることが普通です。

ところが、相手が繊細な男子の場合は要注意。この一度のお断りで、彼のガラスのようにもろいハートは、木っ端微塵に崩れさってしまいます。

“どこかに連れ込もうとしてるのかと勘違いされてしまった。恥ずかしいよぉ”

“もう1秒たりとも一緒にいたくないってことなんだなぁ”

“俺といるより、夜の危険な道を歩くほうがまだマシと思っているんだなぁ”

などと勘違いし、“そっか。じゃぁ、また……”と、去ってしまうわけです」

 

■3:焼肉ー!

「デートの約束をする際に、“何食べようかー?”のような話になることもあるでしょう。

そんなときに、“焼肉ー!”と答えてしまったら……。

相手が肉食な男子だったら、“うぉ、なんかこの子、やる気満々だねぃ!”と思ってくれるような“焼肉”も、繊細な男子相手だとそうはいきません。

“ニオイが気になる焼肉などは、最初のうちはデートに向かない”という情報を鵜呑みにし、“俺のことは男だと思ってないんだなぁ。きっと、ただの友達なんだなぁ……”と、勝手に解釈してしまうのです。

焼肉デートを楽しくはしてくれるものの、“俺は友達。男女関係になろうとしちゃダメ”と、勝手に脳内でがんばっているので、その先の連絡も、“友達”っぽいドライなものにしかなりません」

 

いかがでしたか。繊細な男子が勘違いしてしまうNG言動を3つご紹介いたしました。相手の男子が繊細な人かどうかなんて、よく話してみないとわからないかもしれませんが、わからないうちは気をつけてみたほうがいいかもしれませんね。

 【画像】
conrado / Shutterstock