交際中からわかる!? 結婚しても「スグ離婚する」男女の会話3つ

「結婚したら絶対に離婚はしたくない!」と、思っているひとも少なくないですよね。

ですが、今の日本ではもはや3組に1組が離婚する時代ともいわれていて、せっかく結婚しても別れてしまう男女が後を絶たないのも真実。

離婚しようと思って結婚するひとは珍しいでしょうから、一生添い遂げようと思っているのに破局を迎えやすい時代でもあります。

離婚の原因によく挙げられるのが、“価値観の違い”。でも、価値観の違いは交際中の会話から垣間見えていることも多いんです。

そこで今回は、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、結婚してもすぐ離婚する可能性が潜んでいる交際中の会話を3つご紹介しましょう。

 

■会話1:家族をバカにする

「お前の母ちゃんの作るメシ、変わった味だよなー。料理ヘタなの?」など、家族のことを蔑むような表現をする会話があれば、結婚しても離婚してしまうリスクがかなりあります。

結婚は当人だけの問題ではなく、互いの家族も深~く関わる話。交際中から家族の行動や育った環境をバカにする発言が出ている場合には、結婚後にはもっと文句が出てくる可能性が大。

パートナーの大事なひとをバカにしてしまうような相手と結婚まで至っても、ゴールイン後にケンカが絶えず、相手の発言にイラつきが止まらない関係になってしまいます。

大事なひとをバカにされるのは、自分自身をバカにされるのと同じ。「旦那が私の家族をバカにする!」と、不愉快が加速して一緒に暮らせなくなるケースも少なくありません。

 

■会話2:金銭的なイザコザ

彼氏に貸したお金が返ってこない、たびたび生活費を貸して欲しいと頼まれる……などなどお金にまつわるイザコザがある関係も、結婚後に離婚に至りやすい兆候のひとつ。

「金、貸してくれない?」「わりぃ。この前の金、返すからちょっと待ってて」など金銭面でだらしない会話が目立つなら、ゴールインはしないほうが無難です。

結婚生活とお金は切っても切れない関係ですから、結婚後にお金で揉める夫婦も離婚に至りやすいという傾向があります。俗に言う“金銭感覚の不一致”ですね。

交際中は「彼はちょっとお金にだらしないけど、優しいひとだし」と目をつぶれても、生活を共にした途端に耐えられなくなるケースもあります。

 

■会話3:浮気の概念の違い

交際中に、カレシが女性とふたりきりで食事に行っていたとしたら……あなたはどうジャッジしますか?

「エッチはしていないよ」と言われれば、ただ女友達とゴハンに行っただけなんんだ……と無理やり納得しようとする女子もいますよね。

でも、“浮気”の概念が異なる相手との結婚生活は苦痛を伴うので、破局に至りがち。

彼のことが好きだからとガマンして結婚しても、毎日の生活で浮気疑惑を持ちながらひとつ屋根の下で暮らすのはストレスフルです。

心配するのに疲れてしまえば、やがて「やっぱり別れたほうがいいんじゃないか。他にもっと誠実なひとがいるのでは」と離婚に向けて気持ちが加速してしまうかも。

 

いかがですか?

結婚後に破局に至る男女に話を聞いてみると、「そういえば……」と交際中から兆候が出ているパターンは珍しくないんです。

相手のことを好きだと、ついガマンしてしまいがちですけれど、交際中から違和感を抱く面は、生活を共にすれば苦痛に至ることも!

あなたのカレシは、大丈夫そうですか?

 

【関連記事】

※ なんと逆効果!? 男が「勝手に去っていく」危険なラブ駆け引き3つ

※ 彼のはどれ?「乗っている車でバレバレ」な男の本性チェック3つ

※ くさっ!男が「スメハラ」する空間…3位エレベーター超える密室は

※ 彼は布団派orベッド派?愛用している「寝具」でわかる男の本性

※ アラ大興奮?「モテる方言」3位京都弁、2位福岡弁に勝ったのは

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【画像】

Ollyy / shutter stock