なんだかエッチ!男が「悦ぶ」反則ギリギリなLINEテク3つ

意中の男性とのコミュニケーションにLINEを活用している女性は多いことでしょう。 しかし、いくら大好きな相手とはいっても、ずっとLINEでメッセージのやり取りを続けていると、だんだんメッセージを送るのが億劫になってきたり…

意中の男性とのコミュニケーションにLINEを活用している女性は多いことでしょう。

しかし、いくら大好きな相手とはいっても、ずっとLINEでメッセージのやり取りを続けていると、だんだんメッセージを送るのが億劫になってきたり、マンネリ化してきたりすることもあるのではないでしょうか。

どうせならば意中の相手に送るLINEは、男性を喜ばせる内容にしておきたいですよね。

そこで今回は、そんな悩める女子たちのために、送ると男性が喜ぶLINEのテクニックについて見ていきたいと思います。

 

■1:キスマークのスタンプ

一般的に考えれば、彼氏でもない男性にはハートやキスマークのスタンプなんて送りませんよね。ここでは、その“常識”を利用することで、男性の心に火をつけるのです。

彼女でもない相手からハートマークやキスマークを送られた男性は「これってどういう意味だろう?」とスタンプの真意を考えるはずです。この“考える”という行動を取らせるだけで、彼の中であなたのことを考える時間は増えますから、あなたの存在が膨らんでいくのです。

しかもキスマークというのは「あなたのことが好きです」と言っているようなものですから、男性も送られてきて嫌な思いをすることはありません。

 

■2:ぶりっこな文面

「あんまり重い文章を送ると“重い女”だと思われそう」

そんな風に考えて、いつもシンプルなメッセージを送るように心がけているという女性も多いことでしょう。しかし、たまには彼に甘えるようなメッセージを送ってみても良いのです。

もし彼とデートの約束をしているのであれば「早く会いたいね」と送るのもよいですし、何でもない瞬間に「寂しくなっちゃった」と彼に“かまってほしいアピール”を送ってもよいのです。

いつもそんな調子だと、確かに“重い女”に見られてしまうかもしれませんが、たまにであれば“ぶりっこ”をしてみてもよいと思いますよ。

 

■3:思わせぶりな内容

男性が送られてきて興奮するLINE、その筆頭格が“思わせぶりな内容”です。

「明日、ご飯食べた後はどうししょうか?」など、“夜の関係”を匂わせるメッセージを送れば、彼のテンションは一気に急上昇するはずです。

“思わせぶりな内容”はダイレクトに書かなくてもOKですから、「次の日は予定がないからゆっくり飲めるね」というような匂わせ方をするだけで、男性は勝手に喜んでくれることでしょう。

 

いかがでしたか?

彼女じゃないけれども、その関係においてギリギリセーフな線を狙っていくこのやり方。心を揺さぶられた彼は、きっとあなたに興味を持ってくれるはずです。

 

【関連記事】

※ LINEでグッと!「女友達から彼女候補になる」テクニック4つ

※ 危険?意中の相手に「ランチタイムLINE」は避けるべきだと判明

※ 1回だけ催促!「彼からLINEの返事がこないとき」すべきこと3つ

※ もう惚れてるの確定…!男が堕ちたときの「LINEスタンプ」とは

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【参考】

※ ぎょぎょぎょー!男子が「されて喜ぶ」反則ギリギリなHテク3つ – Dangdep!

 

【画像】

lenetstan / shutter stock