怒らなくなった?…ヤバいです「彼が冷め始めているサイン」4つ

彼と自分はいつまでもラブラブーなんて思っていたら、いきなり彼から「俺ら、別れよっか」と言われてしまった……。 まさに青天の霹靂ですよね。 でも、男の人って、ギリギリまで相手への不満は言わないということも多いので、実はこう…

怒らなくなった?…ヤバいです「彼が冷め始めているサイン」4つ彼と自分はいつまでもラブラブーなんて思っていたら、いきなり彼から「俺ら、別れよっか」と言われてしまった……。

まさに青天の霹靂ですよね。

でも、男の人って、ギリギリまで相手への不満は言わないということも多いので、実はこういう現象が起きちゃうこともしばしば。では、その前に男性が冷めかけているサインを見つけることはできないのでしょうか?

ホストである桜庭颯太さんに話を聞いてみました。

 

■1:デートの場所が同じ

「付き合いが長くなってくるとデートの場所をいちいち決めるはやっぱり面倒になってきます。ですが、相手のことが本当に好きなら、その面倒さもなんとか乗り越えられるのが男です。

もし、デートの場所が毎回同じになってきたら要注意な時期ですね。ただし、男性側が本当に色々な事情で新しいデートスポットを見つける暇がないこともありますから、自分から“ここに行ってみたいんだけど”と誘う努力も忘れずに」

確かに住んでいる場所などによって、デートスポットは限られてきちゃいますよね。それでも頑張ってくれる彼には文句なんて絶対に言っちゃダメですね。

彼が忙しそうにしている場合は、「お家デートで大丈夫だよ」とか、「観たい映画があるんだけど」など、彼に負担のかかりにくい方法を提案してあげる方がいい彼女になれそうですね。

 

■2:いつも怒ることに怒らない

「彼に毎回同じことで怒られてしまうことってあると思うんですけど、それを彼が怒らなくなったらヤバいですね。

男って興味がない人に関しては、本当にどうでもいいと思うモノなんです。“怒られているうちが花”なんて言いますけどアレって本当で、彼があなたに変わってほしいと思っているからこそ怒るんです。

怒らなくなったら、自分への興味が薄れてきたサインだと受け止めて対処したほうがいいですよ」

「興味がなければ、どうでもいい」。その通りかもしれないですね。なんでこんなことで怒るのかななんて思わずに、彼の言葉は真剣に受け止めておいた方がよさそうですね。

ついまたやっちゃったって時に、彼が怒ってくれず「そうなんだ」と流されたらピンチです! 急いで彼の心を取り戻す作戦を練りましょう。

 

■3:エッチだけで終わる

「男が飽きているのに女を手放さない理由の一つが、身体の相性がいい場合です。身体の相性って男にとってはたぶん女性よりかなり優先順位が高いはず。

“性格はちょっと苦手だけど、でもこの気持ちよさは手放せねーよな”なんてことはしょっちゅう耳にします。だからこそ、デートが毎回エッチのためみたいになっているなら、冷めかけているサインだと思っていいでしょう」

寂しすぎますね。身体目的で付き合いを続けられているなんて……。ですが、それだけあなたの身体が魅力的と捉えて前向きに対処しましょう!

逆に言えば、身体の相性は自分ではどうこうしづらいですが、性格なら直せます。本当に彼が好きなら、彼から心も愛されるような女になればいいんですよね。

 

■4:自分の事を優先する

「男は基本的に恋より仕事を優先する人が多いのでわかりづらいかもしれませんが、やっぱりすごく好きな女のためなら仕事も頑張れるし、プライベートの予定もなんとかして工夫してあなたと会える時間を作るものです。

付き合って最初の頃ってだいたいそういう時間を頑張って捻出するんですが、飽きてくると簡単に“仕事だから”とか“友だちとの飲みの約束が断れなくて”と理由をつけてあなたとの時間を作る努力をしなくなります。

もちろん相手の忙しさは本当の可能性もありますが、どうにかできる予定を調整しようとしなくなってきたら冷めていると思っていいでしょう」

「仕事と私どっちが大事なの!」なんてセリフは男性には絶対に言ってはいけないといいますが、これもしっかりと見極めないといけないラインなんですね。

仕事のせいにしているのか、仕事が本当に忙しいのか……。難しい問題です。

 

いかがでしょうか? 彼の本心が冷めているサインをしっかりと受け取れそうですか?

ここでこのサインを見逃してしまうといきなりの別れが来てしまう可能性が高いので要注意ですよ!

 【取材協力】

※ 桜庭颯太・・・中学卒業後家から追い出され、ホストの道に入る。お店での売り上げランキングは高くないものの、多くのリピーターを作ることが得意。趣味はサバイバルゲームのアウトドア派。