言葉はイラナイ!男がベタ惚れする「女性のカワイイしぐさ」3つ

みなさんは、普段から自分のしぐさにちゃんと気をつかっていますか? 「写真で見るより、実物のほうがカワイイ!」と言われる子っていますよね。そういう子は、動き方がカワイイわけですが、他の子と、いったいなにがそんなに違うのでし…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、普段から自分のしぐさにちゃんと気をつかっていますか?

「写真で見るより、実物のほうがカワイイ!」と言われる子っていますよね。そういう子は、動き方がカワイイわけですが、他の子と、いったいなにがそんなに違うのでしょうか。

人間の動き方なんて気をつけて観察しないと、よっぽどぎこちなくない限り、みんな一緒に見えるのですが……。

実は、「実物のほうがカワイイ!」と言われる子たちは、ポイントポイントで、“カワイく見えるしぐさ”をちゃんと使っているようなのです。

それはいったい、どういう“しぐさ”なのでしょう?

今回は、官能小説家として女性の魅力的なしぐさについて日ごろから研究している小川沙耶さんに、“男がベタ惚れするカワイイしぐさ”についてお聞きしました。

 

■1:髪を結ぶ

「長い髪の毛を、まとめるように結ぶしぐさは、男のキュンに直撃する威力があります。夏になって、暑い日には自然に使いやすいですよね。

髪を結ぶときには、両手を上にあげるポーズになるので、ノースリーブの服などを着ていれば、ワキや胸など、男好きするセクシーゾーンを存分に、そして自然に披露することができます。

また、首筋にうなじが出現するのも、男をムラっとさせるのに大きなポイント。

髪を結んでいる際の、ゴムをあつかう慣れた手つきと、真剣な表情も大変効果があります。

1時間に1回は結び直したいですね」

 

■2:日焼け止めを塗る

「胸元や腕の露出が大きな服を着て、日焼け止めをヌリヌリするのも効果的。これも夏に使いやすいしぐさですね。

日焼け止めじゃなくても、日焼けの火照りをおさえるローションなども使えます。

胸元や腕に塗るしぐさもキュートで色っぽいですが、肩に塗る際に、少し洋服をズラしてはだけさせちゃうしぐさが、特にセクシー。

優雅に滑らかに、身体にオイルを塗りたくっている姿は、男の欲情をたっぷりとかきたてるでしょう。

1時間に1回は塗り直したいですね。日焼け対策のためにも」

 

■3:はしゃいでつかむ

「なにかうれしいことがあったとき、“ウソ! やった!”とキャッキャキャッキャはしゃぎながら、うっかり隣の男の腕などをつかんだり、叩いたりしてしまう。

この不意のボディタッチも、男のキュンをゲットするのに、効果的なしぐさです。

セクシーなねっとりしたボディタッチは、夏にはちょっと暑苦しいですから、無邪気なボディタッチを心がけるようにしましょう。

“そんなはしゃぐようなことなんて、なかなかありません……”という人は、“すごく好きなモノ”を意識的にたくさんつくるようにするといいですよ。

たとえば、ピスタチオ。

みんなでジェラートを食べに行ったら、ピスタチオ味を発見。“キャー。やった! ピスタチオがあるよー!”とはしゃげます。

バニラだと“どこにでもあるだろ……”と思われてしまうので、ピスタチオくらいがちょうどいいでしょうね」

 

いかがでしたか。男がベタ惚れしてしまう“女性のしぐさ”を3つ紹介いたしました。関東・甲信地方梅雨明けということで、夏に使えるしぐさが並びましたね。この夏、きゃぴっとカワイイしぐさで、たっぷりモテちゃてください。

 【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 【画像】

Svyatoslava Vladzimirska / shutter stock