キスの嵐…のはずが!男子がドン引きしてる「ダメなキス顔」4つ

みなさんはキスするときに、自分がどんな顔をしているか見たことがありますか? 結構なナルシスト女子でもないかぎり、なかなか自分の“キス顔”なんて、鏡で見たり、スマホで自撮りしてみたりしないですよね。 キスするときなんて、口…

みなさんはキスするときに、自分がどんな顔をしているか見たことがありますか?

結構なナルシスト女子でもないかぎり、なかなか自分の“キス顔”なんて、鏡で見たり、スマホで自撮りしてみたりしないですよね。

キスするときなんて、口と口がくっつくような近い距離で“どアップ”になるから、そんなに相手に顔を見られることなんてないのでは……?

と、油断していると、大失敗してしまうかもしれません。

キスの直前、「ここでキスかな……!?」というタイミングでは、男子は失敗のないように、相手を入念に観察しているもの。普段以上に“見る”ことに集中しているのです!

そこで今回は、キス顔での失敗を避けるべく、男子の性事情を日夜研究し続けている官能小説家の小川沙耶さんに、“男子にドン引きされちゃうダメなキス顔”について教えていただきました。

 

■1:くちびるをムーッと突き出しすぎ

「キスを意識すると、くちびるを“チュッ”の形にしてムーッと突き出す顔になってしまう人がいますが、これはNG。あまりかわいい顔とは言えません。

自分で写真を撮ったり、鏡を見てみたりして、よくチェックしてみましょう。“チュッ”の顔のつもりが、まるでタコのようになってしまっていませんか?

ひょうきんに“チュッ”というキス顔をするのは、見ようによってはキュートでもありますが、“キス”というムードには合わないもの。

キスだからといって、ムリに口を突き出す必要はまったくありません」

 

■2:目をギューッとつぶりすぎ

「キスのタイミングで、目をつぶる人は多いと思います。というか、ほとんどの人がつぶるでしょう。キスのときに目をカッと見開いていたら、それはそれで気持ち悪いですよね。

ですが、目のつぶり方にも気をつけて。緊張のあまり、目のまわりがしわくちゃになってしまうほど、ギューッとつぶらないようにしましょう。

あまりいないとは思いますが、そういうクセになってしまっている人もいるので、一度チェックしてみるといいですよ」

 

■3:毛穴や、ムダ毛が……

「キスの際は“どアップ”になってしまいますから、普段の距離では目につかないような、毛穴やムダ毛が見えてしまいます。

毛穴は普段からのケアが重要ですので、すぐにはなんともできないかもしれませんが、デート前にせめて顔のムダ毛はきっちりと処理しておきましょう。

女子でもうっすらとヒゲっぽく生えてしまう人はいますし、眉毛にポツポツと生えかけになっている毛も気になります。

そして、やはり最悪なのは鼻毛です。日中にもニョキニョキ伸びることがあるので、きっちりと前日に処理しておき、デート直前にも鏡でチェックしましょう」

 

■4:くちびるがカサカサ

「そして、やはり“キス”ですから、くちびるはしっかりとキレイにしておく必要があります。

普段は顔の一部として、なんとなくぼんやりとしか見られない“くちびる”も、キスとなると話は別。いきなり主役の座におどりでるのです。

キスしようと思ってパッと見た彼女のくちびるがカサカサだったら……。彼がせっかくふりしぼった勇気もシオシオになってしまうかもしれませんね」

 

いかがでしたか。男子がやる気をなくしてしまうNGなキス顔を4つご紹介しました。意外と「あっ……やってるかも!」というものもあったのではないでしょうか? ちょっと改善するだけで、“キスの嵐”をうけちゃうかもしれませんよ。

 【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。