わ…なにコレ!男子がハマる「キスうま女子」の必殺キステク3つ

男性が喜ぶ「気持ちいいキス」をしてあげられていますか? 女性は「キスする」のではなく「キスされる」。そんな思い込みがあっては「キスうま女子」にイイ男をかっさらわれちゃうかも。もちろん相性もありますが、正しい仕方を知っていれば、効果アリの感触がきっとあって、自信にもつながるはず。実践的なキステクのやり方、重要なポイントをご紹介します。
  • Evernoteに保存

みなさんは、キスが上手ですか?

「好きな人とのキスなら、みんな最高。キスに上手いも下手もありません!」

……という正論は置いておいて、一回くちづけさえできれば、男子をメロメロにできる、そんなテクニックがあったら、ぜひ習得しておきたいと思いませんか。

よく考えたら、“好きな人とのキスだから最高”なのか、“キスが最高だったから、好きって思った”のか、その順番はどっちが先か、よくわかりませんよ。

キスさえ制覇すれば、「大好きだっ!」と惚れさせることができるかも。

ということで今回は、男子の性事情を日夜研究し続けている官能小説家の小川沙耶さんに、男子がズブズブと恋にハマっちゃう“キステク”を教えていただきました。

 

■1:唇を柔らかくする

「何かに触れたとき、固いものと柔らかいものだったら、どちらが気持ちいいですか? もちろん、柔らかいものですよね。

自分で触ってみてもらうとわかると思うのですが、唇というのは、固くなったり、柔らかくなったりすることができます。筋肉と同じですね。

チュッの形に唇をすぼめようと、力を入れてみてください。固くなるはずです。その後、意識的に唇の力を抜いてみましょう。柔らかくなるはずです。

キスのときは、柔らかい唇でいるように、心がけましょう。キスしたほうも気持ちいいですし、脱力していると、自分も、より気持ちいい感覚が味わえますよ」

 

■2:他の場所を刺激する

「キスのときに、“気持ちいいキスだ~”と思ってもらうためには、他の場所も刺激して、“気持ちいい”感覚を相手の脳に刷り込むことが効果的です。

キスの体勢で、やりやすくて効果的なのは、相手の後頭部や首筋などを、サワサワと撫でてあげることですね。

後ろ側から手で刺激、前側から口で刺激されることによって、感覚器官が集中してとても敏感な頭部は、認識できる感覚を超えた快感に打ち震えるでしょう。

聴覚をつかさどる、耳まわりを刺激するのもいいですよ」

 

■3:ゆっくりと動かす

「キスのテクといっても、■1や■2のように、実際に舌をからめ合う以外の部分が大切で、いったんディープな状態になってしまったら、あとは本能のままお互いを求め合うように、ただ激しくくちづけするのが一番です。

ただ、舌をからめ合う際の、唯一の注意ポイントとしては、あまりレロレロと素早く舌を動かしすぎないこと。素早すぎる舌の動きは、“不自然さ”が生じやすく、キスの“熱中状態”を冷ましてしまう恐れもあります。

舌を意識するならば、早さよりも力強さが大切。できるだけ、ゆっくりと大きく動かしたほうが、相手は気持ちいいと感じることができるでしょう」

 

いかがでしたか。男子をメロメロにさせる“キスのテクニック”を3つご紹介しました。「キスさえしちゃえばこっちのもの!」という自信があれば、デートも余裕のある気持ちでのぞめますよね。ぜひ、実践してみてください。

 

【関連記事】

「あの子は俺の女神ッ」と男子がメロメロになる!エッチしぐさ3つ

部屋で「フェロモンどぱどぱ出てるね~」系女子になれる裏ワザ3つ

間違えると大バトル…!? 知っておきたい「夏のエッチ作法」3つ

反応がカワイすぎ!? 彼氏が「いや~ん」となっちゃうイタズラ3つ

キャッ…恥ずかし!男子が「あなたの水着姿に」不満足なサイン3つ

 

【姉妹サイト】

※ 

※ 

 

【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。

 

【画像】

Artem Zakharov/ shutter stock