告白なんてナイの?外国人と「付き合ってる関係か」チェック7つ

外国人ダーリンが欲しい? もしくは、好きな人が外国人? 毎年、外国人観光客や留学生が増え続ける日本。英語が話せなくても、田舎に住んでいても、外国人とお付き合いする機会がアナタにも、訪れるかもしれません!? 文化が違えば、…

外国人ダーリンが欲しい? もしくは、好きな人が外国人?

毎年、外国人観光客や留学生が増え続ける日本。英語が話せなくても、田舎に住んでいても、外国人とお付き合いする機会がアナタにも、訪れるかもしれません!?

文化が違えば、恋愛のカルチャーも違うんです。大学や仕事で海外経験豊富なことから「外国人ダーリンが“告白”してくれない」と多くの友人に相談される筆者がこっそり教える、外国人男性に“告白”させるための3つのステップをご紹介します。

 

■1:様子をチェック

「外国人ダーリンが出来たかも!?」と思ったら、チェックしたいのは以下の項目です。

(1)友達に紹介された

(2)家族に紹介された

(3)職場の人に紹介された

(4)SNSのステータスを交際中に変えた

(5)SNSに一緒の写真をアップしている

(6)連絡がマメに来る

(7)定期的に会っている

これらの項目に該当数が多いなら、彼はアナタと付き合っていると思っている可能性が高いです。だけど、“告白”されないままキスをされたらびっくりしてしまいますし、彼らが言葉にする“I like you.”って不思議ですよね。

 

■2:文化の違いを説明しよう

一部を除いた日本以外の国では、“告白”する文化があまり浸透していません。デートを数回重ねて、気付いたら付き合いが始まっているパターン。

日本では、デートを数回重ねて気持ちを告白して、「お付き合いしてください」「はい」という手順を踏んで、正式にお付き合いが始まるパターンが多いですよね。

だからこそ、日本人女性は戸惑ってしまうのではないでしょうか?

「私は、彼に遊ばれているの?」と悩む前に、文化の違いを彼に伝えましょう。上手な英語じゃなくても、気持ちは伝わります。

例えば、アメリカでは白いご飯にバターを塗るのは問題ないけど、日本でやったらマナー違反ですよね? 外国人ダーリンは、マナー違反だと知らないので、“告白”をしないでキスをするのです。

知らないことを教えるつもりで、彼に説明してみましょう。「私って重たい女かも!?」と悩む必要もありません。

 

■3:告白させる

文化の違いを説明できたら、あとはカンタン。小悪魔的な笑顔で彼に告白させちゃいましょう。ポイントは、重たくならずに冗談っぽく「私は、“告白”されてないから、可哀想だね?」と伝えること。

彼が“告白”の仕方を聞いてきたら、教えてあげましょう。定番の「好きです! 付き合ってください」を彼に言わせたら、アナタも安心できるし、彼も言葉にすることでアナタを今より大切にしてくれますよ。

 

どうでしたか?

外国人ダーリンは、“告白”しないのじゃなくて、知らないのです。1人で悩む前に、彼に不安な気持ちを伝えることで、2人のお付き合いがより深くなるのです。

勇気を出して、素敵な国際恋愛をしてくださいね。

 【画像】

glebTv / shutter stock