「好きです…」っていつのまに!? 男がハマる女が見せるモノ3つ

みなさんは、ただの“男友達”だと思っていたのに、いつのまにか惚れられていて、「好きです……っ!」なんて告られちゃったことはありますか? そういう場合にかぎって、こちらは特に意識してなくて、好かれるのはうれしくなくはないけ…

みなさんは、ただの“男友達”だと思っていたのに、いつのまにか惚れられていて、「好きです……っ!」なんて告られちゃったことはありますか?

そういう場合にかぎって、こちらは特に意識してなくて、好かれるのはうれしくなくはないけど、「うーん……、困ったなぁ」な状況に陥ってしまいますよね。

結局、断ることも多いかと思いますが、こういう“こちらが気づかぬ間に、勝手に好きになられちゃう”ときって、相手側にいったいどんな感情の変化が起きているのでしょうか?

それを分析すれば、“好きな人を好きにならせる”こともできるかも……!?

ということで、今回は、男子をフォーリンラブさせることを研究し続けてきた元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに、男がハマっちゃう女が“見せるモノ”について教えていただきました。

 

■1:会話のストーリーのなかで“女であること”を見せる

「人間というのは、意外と目の前のことに集中していないもの。特に男女関係に関しては、それが顕著です。“理性”を働かせるよう、習慣になっていますからね。

ですから、実際に対面しているときに、あまり“女ッ”という感じでは振る舞わないでしょうし、そう振る舞うと“いやらしく”も感じさせてしまうはずです。

そこで使いたいのが、“ストーリー”。会話のなかで、“自分”を女として主人公にしたお話をすればいいのです。

というと難しそうですが、これは簡単。ただ、恋愛話をすればいいだけです。彼氏がいるのに、男友達と飲んだときに強引にキスされそうになった話とか、飲みの帰り道に同僚に急に手をつながれた話とか、なんでもいいでしょう。

男女関係で、自分が“女”として、お話のなかで存在すればいいのです。そのときのシチュエーションや、感じたこと、考えたこと、感情を上手に話せるようにしておきましょう」

 

■2:がんばっていて、評価されていないところを見せる

「男子は、女子に対して“わかるのは俺だけ”感をもつのが大好き。独占欲由来のこの強い感覚をうま〜く利用して、最近のアイドル・マーケティングなどでは、“手の届く存在”と思わせる手法が活用されていますよね。

これを恋愛に使わない手はありません。

たとえば、仕事やグループの行事などで、本当にすごくがんばっているところを、彼にだけ告白しましょう。誰にも見せていないけど、影ですごくがんばっているところを、彼に見せつけるのです。

そうすれば、“それなのに、この子は、みんなにがんばっていることが評価されていないな。俺がわかってあげて、支えてあげなきゃ”と、思わせることができます。

“評価されることを考えずに、みんなのためにがんばる努力”は、愛され要素がたっぷりなので、ぜひその姿を演出できるようにしてください」

 

■3:好意を惜しげもなく見せる

「“男として”、“女として”の好きではなく、人としての“尊敬”、“好意”を、気になる男子には惜しげもなく見せましょう。

“人として好きなのか、それとも男として好きなのか……?”

相手もあなたのことが気になっているならば、このように悶々と悩み、どんどんあなたへの思いがふくらんでしまうはず。

こういった“人としての好意”ならば、もし、相手がまだ“脈ナシ”の段階でも、決してマイナスには働きません。

これが、相手の好意がはっきりと確認できる前に、“女として”好きだというニオイが出てしまうと、一気に“気持ち悪い。やめてくれ”とまで思われるようなマイナスに働きますので、十分に注意してくださいね」

 

いかがでしたか。男がハマってしまう女が“見せるモノ”を3つご紹介しました。自然な行為のなかに、相手をジワジワとハマらせる巧妙な手口が隠されていることがわかりましたね。狙っている相手がいるならば、ぜひ使ってみましょう。

 【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。