経験者は3割も!「水商売の女とは結婚しない」理由2位は枕営業

唐突ですけれども、水商売をしている女性をどう思いますか? 最近では子どものなりたい職業ランキングで「キャバクラ嬢」が上位にくるなどポジティブなイメージが強くなっている職種とはいえ、女性をウリにしてお金を稼ぐ仕事であること…

経験者は3割も!「水商売の女とは結婚しない」理由2位は枕営業唐突ですけれども、水商売をしている女性をどう思いますか?

最近では子どものなりたい職業ランキングで「キャバクラ嬢」が上位にくるなどポジティブなイメージが強くなっている職種とはいえ、女性をウリにしてお金を稼ぐ仕事であることからネガティブな印象を抱いているひとがいるのも事実。

クラブやキャバクラなどは男性を相手にする仕事だけに、本命男子からビビられちゃって本気の恋愛対象にしてもらえない……と、お嘆きの女性もいそうですよね。

『Dangdep!』が500名の男性に行ったリサーチでは「水商売をしている女性と付き合ったことがある」という男が26.6%だったのものの「その彼女と結婚を考えたことはない」が56.4%に。

そこで今回は、水商売の女性とは付き合っても「結婚を考える対象ではない」というオトコたちの赤裸々で辛辣な理由のトップ3をお伝えします。

 

■3位:水商売の女性と付き合ってみたいという興味本位

「水商売をしている彼女と結婚を考えなかった理由として当てはまるものを選択してください」と複数回答で質問をしてみると、3位には20.0%が選んだ「水商売の女性と関係を持ってみたいという興味本位だったから」が選ばれる結果に。

昼間の仕事とは違った世界で生きている女性と「物は試しで一度は付き合ってみたい!」という欲望から交際に至っただけ……というオトコは5人に1人にも達します。

そもそも興味本位なだけで本気で付き合う対象とはしていないという、辛辣で赤裸々なホンネが垣間見えます。

 

■2位:他の男とも関係を持っていた

続いて、同ランキングで2位になっていたのが21.3%が選んだ「他の男とも同じような関係にあったみたいだから(いわゆる“枕営業”をされていたことに気づいた)」でした。

付き合っている=カラダの関係を持つという男女も少なくないなか、自分以外の男性とも肉体関係を持っている女性とは結婚を考えられないのは当たり前の話。

同時に複数の男とではなくても、常にお客さんと寝ている女もオトコがゲンナリしそうです。

なんと4人に1人の男性が、枕営業の事実に気づいて結婚相手から外したという経験があるようですが、そんなに枕営業をしている女性が多いことにも驚きですよね。

 

■1位:水商売をしている時点で本命の対象ではない

そして、同ランキングで1位になっているのが28.0%が選んだ「水商売をしている時点で本気で付き合っていたわけではないから」でした。

職業で女性をランク付けしているかのように辛辣すぎる意見ながらも、やはり男性相手にお酒の相手をする仕事の女性に対しては、「正直なところ本気にはなれない」がホンネな男性も少なくないよう。

水商売の女性と交際した男性のうちおよそ3人に1人は、そもそも最初からいわゆる“遊びの相手”として関係を始めていたことになりますよね。

 

いかがですか?

水商売に対しては、やはり“特殊な仕事”というイメージが拭えない男性も少なくない実情がうかがえる結果ではないでしょうか。

幸せなラブを最短距離で掴みたい女性は、やっぱり水商売は避けるべきといえそうです。