顔までカワイク見える!「LINEがウマい子」だけ知ってるウラ技3つ

みなさんは、男性とLINEするのは得意ですか? 最初、仲良くなるまでは、一番多く、一番長く使うコミュニケーション手段が、LINEではないでしょうか。 簡単な連絡事項から、可愛らしい言い回しやスタンプが使えるので、LINE…

みなさんは、男性とLINEするのは得意ですか?

最初、仲良くなるまでは、一番多く、一番長く使うコミュニケーション手段が、LINEではないでしょうか。

簡単な連絡事項から、可愛らしい言い回しやスタンプが使えるので、LINEは恋愛において、女性の大きな味方になってくれます。

ですが、ウマい子は本当にウマいので、苦手な子は大変……。

顔も悪くないし、実際に会えば明るく楽しいコミュニケーションができるのに、LINEがウマい子に、コテンパンに負けてしまうというのも、最近ではよくある話。

「LINEは苦手なんで、やってません」と逃げていては、LINE上手の思う壷。ここは、しっかりとLINEモテ・テクニックを学習して、対等に戦いましょう。

ということで今回は、『モテ女子になれるLINE恋活』の著者である塚田牧夫さんに、“LINEがウマい子だけが知ってるウラ技”を教えていただきました。

 

■1:プロフがかわいい自分の写真

「プロフィールのアイコンは、絶対に“かわいい自分”の写真にしましょう。どんなに自分に自信がなくても、何枚も何枚も自撮りして、奇跡の1枚を撮るのです。加工をしてもOK。

認知心理学に“単純接触効果”という法則があります。対象と何度も接触するうちに、好感をもつというものです。

LINEプロフィールのアイコンは、メッセージやスタンプを送るたびに、相手のスマホに小さくですが、表示されます。ここに自分の“かわいい顔”を使わない手はありません。

実際に会うときに、“詐欺だ!”と思われないか、心配しなくても大丈夫。相手からデートに誘われるまで気に入られてしまえば、相手は“デートに誘うくらい好きになってる”気持ちがありますので、プロフのように補正をかけて、あなたを見てくれます。

“かわいい自分”といっても、指とか、脚とか、パーツではダメ。顔にしてくださいね!」

 

■2:平仮名で相づち

「LINEはコミュニケーションの道具。コミュニケーションで重要なのは、相手への共感を示し、相手をのせ、話を盛り上げる相づちです。これは実際に会ったときでも、LINEでも同じ。

LINEだと、スタンプもありますが、基本はやはり文字。字面の印象を考えて、女の子らしく、かわいくしましょう。

“わー!”、“うらやましい!”、“いいですねー”など、丸くてかわいらしい平仮名がおすすめ。もちろん、これに絵文字をつけてもOKですよ」

 

■3:Twitterに学び、微妙な短文を

「LINEは、あまり長文の文章には向きません。意味があっても、長くて説明的で、ちゃんとした文章は、読むのに苦痛。LINEと向き合うときは、できるだけリラックスした、楽しい気持ちで向き合いたいと思うからです。

わかりづくても、何通りの意味にとれても、“短く、簡単で、心に響く”文章にしましょう。この点、Twitterにも似ていると思います。

LINEが上手な子は、Twitterも上手です。短く、意味がなさそうで、意味がありそうでもあるつぶやき。ひっかかる人だけ、ひっかかってくれればいい。

LINE上手も似たところがあって、相手はひとりでも、ひっかかるときだけ、ひっかかってくれればいい。このくらいの余裕をもって、心のうちを正直につぶやくと、モテますね」

 

いかがでしたか。LINE上手の使うウラ技を教えていただきました。社会人としての自分を引きずっていると、どうしても固くなりすぎてしまうことがありますが、LINEではプライベート感が重要なようですね。実践してみてください。

 

【関連記事】

「あの子は俺の女神ッ」と男子がメロメロになる!エッチしぐさ3つ

部屋で「フェロモンどぱどぱ出てるね~」系女子になれる裏ワザ3つ

間違えると大バトル…!? 知っておきたい「夏のエッチ作法」3つ

反応がカワイすぎ!? 彼氏が「いや~ん」となっちゃうイタズラ3つ

キャッ…恥ずかし!男子が「あなたの水着姿に」不満足なサイン3つ

 

【姉妹サイト】

※ 

 

【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。制作会社代表。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集にいそしんでいる。著書に『』など。