小悪魔女子直伝!気になるあの人からの「正しい電話のとり方」3つ

気になるあの人の声はいつだって聞いていたいもの。本当は電話を無視したり、ラインだって返すのを遅らせてじらしたい。もっともっと追って欲しいのに、電話を握りしめて彼からの連絡を待ってしまう……かけひきなんてできっこない!なん…

小悪魔女子直伝!気になるあの人からの「正しい電話のとり方」3つ

気になるあの人の声はいつだって聞いていたいもの。本当は電話を無視したり、ラインだって返すのを遅らせてじらしたい。もっともっと追って欲しいのに、電話を握りしめて彼からの連絡を待ってしまう……かけひきなんてできっこない!なんてこと、ありませんか?

今回はかけひきを見事にこなし、恋愛を楽しむ20代の小悪魔女子に聞く正しい電話のとり方3つをご紹介します。

 

■1:あえての無視

「電話が鳴っているのに気づいても、しばらく電話に出ない」(26 歳/秘書)

どれだけすぐに電話に出たくても、ここは我慢。例え朝からずっと彼からの電話を待っていたとしても。すぐに電話に出てしまっては気持ちが伝わりすぎちゃって面白い女ではなくなっちゃいますからね。

小悪魔女子は彼からの電話が鳴っている間に我慢してる自分を褒めてあげます。そして、自信たっぷりの声で彼の電話に出るのです。

 

■2:いつだって私は忙しいの

「別に忙しくなくても“今忙しいからかけなおして!”って言うの」(22歳/自由業)

これは、男性に“かけなおさせる”ということに意味があるようです。本当は電話がきて、嬉して嬉してたまらないのにそこでもっと欲しがるのが小悪魔女子。暇な女の子なんて思われたくないですからね。

いつだって彼を待っているような女の子とは一緒になりたくないのです。どんな手段を使っても、彼をじらして追わせるのです。

 

■3:とびっきりの寝起きモード

「出かけていても、静かなところに移動して今起きたのってとびっきりの寝起きモードを出す」(24歳/航空会社勤務)

小悪魔女子は寝起きが女の子の武器であることを知っています。だから、外にいても電話越しの彼に向けてとっさに寝起きのシーンをつくりあげます。

女子トイレは危ないですね。他の人の水を流す音が入ってしまっては台無しです。ここは、絶対誰も来なさそうな非常階段を選ぶか、「まだ寝てるの」の一言で他の音が入る前に電話を切るかに限ります。小悪魔女子のシーンづくりに手抜きは許されませんね。

 

いかがでしたか?

小悪魔女子は気になるあの人から連絡がこなくて、泣いてる暇はありません。いつだって、頭をフル回転させて振り向かせることに徹しています。その活気と技術に振り回される男性が続出していること、間違いないですね。