小悪魔女子が矛盾とわかってて…「ついついしてしまうこと」3つ

恋も遊びも自由奔放な小悪魔女子。いつもどこか不満そうで、満足することなんてない。いくら男性に「可愛い」と言われたって、最初のデートでとびっきり甘いマカロンをプレゼントされたって物足りなさそうな顔をしている。 今回はそんな…

小悪魔女子が矛盾とわかってて…「ついついしてしまうこと」3つ恋も遊びも自由奔放な小悪魔女子。いつもどこか不満そうで、満足することなんてない。いくら男性に「可愛い」と言われたって、最初のデートでとびっきり甘いマカロンをプレゼントされたって物足りなさそうな顔をしている。

今回はそんな気ままに生きる小悪魔女子が矛盾してるとわかっているのに、ついついしてしまう3つのことをご紹介します。

 

■1:夜はシャンパンをがぶ飲みするのに朝は決まって白湯を飲む

「昨晩はシャンパンをあけてさんざん飲んだくれた。帰ってきてとりあえずメイクだけ落としてベットに倒れこむ。次の朝、体がけだるいのは言うまでもないけど、朝は決まって白湯を飲む。だって綺麗でいたからね」

朝になると必然的にリセットされてるようです。昨晩どれだけのお酒で糖質をとろうが、美しくいたい欲を捨てきらないのが自信の根源なのでしょう。

 

■2:恋人にさんざんわがままっぷりを発揮してるのに、別れを言われると“私を選ばばいなんて頭がおかしいのね”と言い切る

「確かに私はわがままだし、やりたいことはお願いして全て叶えてもらってきたの。でも、彼だって喜ぶ私を見たいでしょ? だから、それをわがままというかは人次第だと思う。なのに、別れたいって急に言いだすなんて頭がおかしい以外、何者でもないの」

もう、最強ですね。“自分を選ばない男は頭がおかしい説”。でも、男にフられて泣いてるくらいなら小悪魔女子の生き方を見ているほうがずっとすがすがしい気持ちになります。

 

■3:高い靴やバッグを買うのにケアは絶対しない

「靴とバッグは質のいいものを身につけるべきだと思うの。そのためなら、出費も手段も惜しまない。だって手にいれたいからね! でも、せっかく買っても磨いたりなんて絶対しない。そんなことはする必要ないの」

どれだけショーケースを見て惹かれて買った高額なものでも、手にいれた瞬間どうでもよくなってしまうのしょう。男性も同じ。手に届かない人ほどじらして、手に入った瞬間もう眼中にはありません。これこそ、小悪魔女子。

 

いかがでしたか?

見てて心がすっきりするほど、いつだって大胆な小悪魔女子。強引なんだけど、どこか愛らしい。「そんなわがままな女子なんて勘弁」と思っていても男女共にいつの日か魅惑われてしまったりするものなのです。

小悪魔女子にはまってしまったら、ぬけられないのが本当の怖いところですね。

 

【関連記事】

※ 「は?男にカウントしてないけど」小悪魔女子が興味のない男をかわす方法

※ 「別に好きじゃないけど…」元彼をキープする小悪魔女子の本音3つ

※ 甘えない…甘えてあげる!男が離さない「イイ彼女になる方法」3つ

※ 彼氏も職場も大興奮?「セクシーになったな…」と思われる方法3つ

※ 好きって言わなくてもバレバレ!男が「本命にしか見せない弱味」3つ

 

【画像】

CHAYSBC/GATAG