生理が…来ない!生理周期の乱れの原因ホルモンバランスのケア方法

女性とは切っても切れない関係の月経。毎月くる月経前のPMSや、月経時の腹痛などに悩まされている人も多いのでは? 過去記事『“生理”のことちゃんと分かってる?男たちの生理に関する知識力調査』では、世の男性の「生理に関する正…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性とは切っても切れない関係の月経。毎月くる月経前のPMSや、月経時の腹痛などに悩まされている人も多いのでは?

過去記事『“生理”のことちゃんと分かってる?男たちの生理に関する知識力調査』では、世の男性の「生理に関する正しい理解度」についてお話ししましたが、女性であるあなた自身は自分のカラダについてどの程度、きちんと理解していますか?

きちっとした知識を持っていない為に、折角のカレとのHの直前に「まさかの……来ちゃった!」という残念なハプニングや、なかなか来ない生理に「まさか妊娠しちゃったのかも!?」なんて悩まないといけないかもしれませんよ!

月経の周期には、女性ホルモンが深~く関係しています。今回はこのホルモンバランスを整えるのに欠かせない成分、“エクオール”についてご紹介します。

 

■カレからの「今日安全日?」の質問、しっかり答えられる?

あなたの月経周期は安定していますか? 月経には2種類の女性ホルモン“エストロゲン(卵胞ホルモン)”と“黄体ホルモン”の分泌が関係しており、25~38日周期で変動して月経を起こします。基礎体温が変わるのも、このホルモンが影響しているためです。

月経の周期は大きく4つに分かれます。「今日安全日?」なんてカレから聞かれた時に答えられる様、きちっと理解しておきましょう。

(1)卵胞期

脳の下垂体から卵巣を刺激するホルモンが分泌され、卵巣が反応すると卵子の元(原子卵胞)が成熟し始めます。その成熟の過程でエストロゲンが分泌され、子宮内膜が厚くなり受精卵を受け入れる準備が始まります。

(2)排卵期

同じく下垂体から排卵を促すホルモンが分泌されます。すると成熟した卵胞が破れ、中から卵子が排出されます。このタイミングがいちばん受精をしやすいタイミングになるのです。

(3)黄体期

そして、卵子が出ていった後の「黄体期」。卵胞は黄体ホルモンを分泌して受精卵が着床しやすい様に子宮内膜を厚くします。この黄体ホルモンによって基礎体温が上昇するので、月経前だとわかります。

(4)月経

妊娠が成立しないと、黄体ホルモンとエストロゲンが減り、子宮内膜がはがれおち、「月経」が始まるのです。

equol4-20160826125906-e1472183955749-20160829211201

ホルモンのバランスが整っていると、このように月経周期が安定するのですが、ストレスや過度なダイエット、不規則な生活などによってホルモンバランスが崩れると月経周期が乱れてしまいます。

また、肌トラブルが多くなったり、自律神経の乱れからめまいなどの症状が現れたり、イライラや気分の落ち込みなど精神的に不安定になったりする症状が現れることがあります。

 

■ホルモンバランスを整える「エクオール」を作れるのは日本人の2人に1人!

イライラしている女性を見て、世のメンズは「〇〇さん、今生理前かな?」なんてヒソヒソ噂をしているもの。そんなイライラを引き起こさない為にも、ホルモンバランスを整えるには一体どうすればいいのでしょうか?

よく女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをするのが大豆に含まれるイソフラボンという成分だと言われます。

ですが、実はこの大豆イソフラボンをサプリメントや食事などで摂取したとしても、なんと効果があるのは日本人の2人に1人だけなのだそうです!

大豆イソフラボンに含まれる“ダイゼイン”が、腸内細菌によって代謝されエクオールが作られます。このエクオールこそが、より強くエストロゲンに似た働きをすると言われています。このエクオールを作るための腸内細菌が存在する人が、日本人に2人に1人なのだそう。しかも、20代前後の女性では、なんと20%程度だそうです!

また、エクオールを作れる人でも安心してはいられません。エクオールは体に蓄積することができず、尿として排出されてしまうため、毎日しっかりと大豆イソフラボンを含む食品を取り入れないといけないのです。

 

■更年期障害やPMSの軽減にもエクオールが大活躍

エクオールが女性ホルモン似た働きをするに重要な成分ということは分かったと思いますが、月経周期だけでなく、女性の健康においても軽視できない成分です。

毎日エクオール10mgの摂取で、発汗や肩こりなど様々な更年期症状の軽減ができるという結果やエクオールを作れる人の方がPMS(月経前症候群)の症状が軽いという報告もあります。また、エクオールに加えて腸内環境を整えることもホルモンケアには大切です。

腸内環境を整えるには、大豆などの良質なたんぱく質に加えて、野菜や根菜・海藻・キノコに含まれる食物繊維、ヨーグルトや発酵食品などに多く含まれる乳酸菌が必要です。普段の食生活にも気を配るようにしたいですね。

 

いかがでしょうか? カレとの良好な関係を保つためにも、月経周期を崩さず体調を管理するためにホルモンケアをすることの重要性を再確認できたのでは?

今回ご紹介した“エクオール”の効能をしっかりと理解して、自分の生活習慣・食習慣を見直してみてくださいね!

 

【参考】

※ ホルモンケア推進プロジェクト

Sponsored by ホルモンケア推進プロジェクト

 

【画像】

Artem Furman / Shutterstock