やり過ぎは禁物!男が可愛いと感じる「ツンデレのさじ加減」とは

ちょっと不愛想な態度を取ってから、可愛い一面を見せることで、“ギャップが可愛い”と思わせるツンデレ。「たまらない!」という男性も少なくありません。しかし、このツンデレ、さじ加減を間違えてしまうと男性の気を惹くどころか、逆に嫌われてしまうことも……。男性が可愛いと感じられるツンデレの“さじ加減”について考察します。
jozsitoeroe

1:デレる比率を間違えない

男性がツンデレが可愛いと感じる最大の理由は、“普段は冷たいのにたまに甘えてくれる”というギャップにあります。つまり、比率でいうと、“ツン”よりも“デレ”の比率が少なくないと意味がありません。

普段ずっとデレデレしている状態で、少しだけクールな一面を見せても、男性は「もしかして不機嫌になったのかな?」と、あなたの態度をツンデレだと受け取ってくれない可能性があります。

また、デレる比率が少なすぎても問題です。男性は女性のクール過ぎる態度に自信を失ってしまい、「嫌われているだけなんだな」と思ってしまうのです。

 

2:ツンしたらできるだけ早くデレる

ツンデレが好きな男性も、ずっと女性にツンツンされていたら不満です。ツンデレの“ツン”部分には多少不快な行動も含まれますから、男性に冷たくした後は、できるだけ早い段階でデレましょう。

そうやって、男性に“あなたのことが好きだよ”という態度をちゃんと示していかないと、男性は女性の冷たい態度がツンデレなのか、ガチで嫌いなのかわからなくなってしまいます。

 

3:LINEではツンし過ぎないように注意

人間のコミュニケーションにおいては、その表情が言葉よりも大きなウエイトを占めていると言われます。つまり、言葉や態度が冷たくても、その女性の雰囲気で「あぁ、これはツンデレだな」とわかるものなのです。

しかし、LINEなど文章だけで男性とやり取りをする際には、そういった表情や雰囲気というものが伝わりにくくなるので、男性を不安にさせてしまう危険性があります。

LINEやメールなどで“ツン”を出すときは、男性がそれを本気だと受け取ってしまう可能性もあることを知っておきましょう。

 

ツンデレが好きな男性は少なくありませんが、上手にツンデレすることは意外と難しいのです。これらのテクニックを参考にしつつ、さじ加減を間違えないように彼の心を刺激してみてくださいね。

  

【参考】

ワガママとは違う!ガチでモテるツンデレの「ツン」の極め方3つ – Dangdep!