観察してみて!彼が今「エッチな気分」かどうか見分けるサイン4つ

男性は皆、エッチです。しかし普段からずっとエッチなことばかり考えているわけではありません。「男性は普段からエッチである!」という俗説を信じて、そんな気分じゃないタイミングでアプローチをかけてしまい失敗に終わる女性も少なくないとか……。そこで今回は“男性が今エッチな気分かどうか見分けるサイン”をご紹介します!
By Bits and Splits

1:だんだん視線が下がる

女性と一緒にいて、男性がエッチな気分になってきた場合、ほぼ間違いなくその視線はだんだんと下にさがっていきます。

というのも、エッチな気分になった男性は目の前にいる女性の身体を確認せずにはいられなくなり、結果として視線を下げ、舐め回すように観察してしまうからです。

その結果として“鼻の下が伸びる”という表情の変化にも繋がるんですね。

 

2:普段より声が低くなる

目の前にいる女性を「ものにしたい!」と感じた男性は、“口説きモード”に突入します。この口説きモードになった男性は、その成功率を高めるために“強い男性”を演じる必要があり、そのため意識して声の調子を低くすることがあります。

デートをしていて男性の声が低くなってきたら、それは男性が“その気”になってきた証拠だと言えるでしょう。

彼の声は言葉だけでなく、そのトーンまで要チェックですよ。

 

3:水やツバを頻繁に飲み込む

男性は興奮してくると目の前の女性をどうにかして口説こうとします。しかし女性を口説くという行為は緊張を伴うものですから、喉が渇き、頻繁に自分のツバやグラスの水を飲むようになるのです。

また食事や飲みの席などでは、お酒で緊張を紛らわせようと考える男性も少なくないので、普段より飲むペースが早くなるという傾向もあります。

男性が喉を動かし始めたらチャンスですよ。

 

4:ベルトを気にする

デートの最中、やたらとベルトに触ったり、その位置を気にしているような男性がいたら、それは彼が興奮しているサインです。

男性は興奮を覚えると下半身が“膨らみ”、その結果としてズボンの収まりが悪くなることがあります。そんな状態を他人には見られたくないので、自分の股間の状態を何とか隠そうとして、必死に格闘している状態だったりするのです。

つまり、彼がそわそわとベルトやズボンを触り始めたら……そういうことです。

 

男性が“今どういう気分なのか”ということがわかれば、女性優位で恋愛を進めることができますよね。彼のムラムラ状態をチェックして、最適なアプローチの方法を模索しましょう。