理想のタイプ…「平均でいい」は多くの人にとって高望みだった!?

あなたの求める理想の恋人像ってどんな人ですか? 最低限の条件だけ決めているという人もいれば、これ以下は絶対無理と考えている人もいるでしょう。自分の年齢が上がるほど、平均値を超えていればいいやと思う人が多くなってくるのではないでしょうか。ですがこの“平均”こそが、理想の条件を苦しいものにしている可能性があるのです。

平均×平均=高い!?

例えば、「相手に求める年収は●●円以上」と決めているとします。それだけなら当てはまる男性は多いでしょう。

次に、これに「顔は普通以上」と付け加えます。普通の定義は難しいですが、これならまだ男性は見つかりやすそうです。

ここで、「身長は○○cm以上」と決めると? いかがでしょう。ちょっと見つけにくくなった気がしませんか。さらに「そこそこ運動が出来て」「優しい人」!

おやおや? これって一つ一つは普通に求めて問題のないレベルですが、全部揃った人を探すのは難しくないでしょうか。

こうやって実はあなたの理想はかなり高くなっている可能性があります。

 

「優しい人が好き」はキケン!?

「じゃあ、私の理想は優しい人ならだれでもいいことにする!」とします。ですが、実はこれもちょっと危険。

『Dangdep!』過去記事「本命確定!超自分に合ってる“理想の彼氏”の簡単な見つけ方2つ」でも紹介したように、理想の彼氏を見つけるためには具体的に想像することが大切です。

具体的に、一緒にいたら楽しそうな男性を想像してみる必要があります。例えば、一緒に趣味を楽しみたいのなら、自分と同じく読書が好きな相手を探してみたり、猫を飼いたいと思っているのなら、猫好きな男性を探してみたり……といった具合です。

目標は具体的であればあるほど、叶いやすくなるといいます。ですが、ここでも多くの目標を一緒に叶えてくれる人を探そうとすると理想が高くなってしまうので、ご注意を。

一つか二つの共通点があるなら、そこから付き合ってみて考えてもいいでしょう。

 

自分の彼氏にふさわしい男性が世の中に全然いないと考えていたあなた。実は自分で理想を高く高く上げてしまっていたのかもしれませんよ。

削れるところは削って、最低限の具体的な彼氏像を考えて恋人を探してみるといいかもしれないですね。