本番は「合コンの後」だった…!恋愛成就率を上げる連絡テク3つ

合コンで大盛り上がりして、気になる彼のアドレスもゲット!なのにそこから一気に関係が疎遠になってしまった……という経験、あるかと思います。実はこれ、「合コンが本番」と出会いの場だけに全力を尽くし、その後の“連絡”を怠っているのが原因!そこで今回は「合コン後に“恋愛成就率を上げる連絡テク”3つ」をご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テク1:「緊張していた」と正直に伝える

合コンの時って、緊張していて上手く会話できなかったり、悪印象を与えてないか不安になったりしますよね。

でもそれは男性側も同じこと。だからこそ合コン後に、「緊張していた」というフレーズを添えると、「俺と一緒だ!」という安心感と共感が生まれ一気に男性からの好感度が上がります。

また、あえて「緊張していた」と伝えることで、「あ、この子は合コン慣れしてないんだな」と勝手にウブな女性扱いをしてくれるのもまたお得。

 

テク2:相手を褒める言葉を使う

合コンが終わった後だからこそ、合コンでの盛り上がった興奮が冷めない内に相手を褒めるフレーズをバンバン送りましょう。

合コン後は、こちらが気になってるのと同じように男性側も「彼女、俺のことどう思ってるかな」と興味津々。

そういう状態の彼に「今日、凄く楽しかったです」「●●さんってホント喋り上手ですよね。ずっと笑いっぱなしでした」なんて、合コンと同じノリで褒め言葉を送れば、彼からの好感度は急上昇間違いなし!

 

テク3:さりげなく好意をチラ見せ

合コンで親密になれたような気がして、その後のメールやLINEなどで「良かったら付き合いません?」「好きです!」などと勢いのままに告白……これは本当にダメなパターンです。

いくら合コンで仲良くなれたとはいえ、それは赤の他人からちょっと気になる知人にステップアップした程度。むしろ、これからお互いのことを知っていきたいからこそ、彼はあなたとアドレスを交換したわけです。

なので効果的なのは、テク1とテク2を送りつつ、「良ければ今度、食事に行きませんか?」とか「来週空いていたら、映画を観に行きませんか?」といった、「好き」とは言わないけどあからさまに好意がある言葉を送ることです。

これなら彼も引きませんし、あなたを誘いたいと思っていた彼への助け舟になって、お互いにWin-Winなやり取りになりますよ!

 

合コンや街コンなど、出会いの場で全力を出すのはけっして悪いことではありません。

しかしせっかく釣れたイイ男を、その後のやり取りで逃がしてしまっては意味がありませんよね。

ぜひ今回の記事を参考にして、彼が食い付いて離れない女性へとステップアップしましょう!

  

【参考】

自然消滅を回避して「彼との仲を深める」メールテク4つ – Dangdep!