「おはよー」の言い方がッ…!? 30すぎた女性の「キツいLINE」3つ

20代なら許されてもOVER30女性が送信すると、男性に「痛い……」と思われちゃうLINEがあります……。今回は、魑魅魍魎な男女模様を見てきた元市議の筆者が、20代ならよくてもOVER30だと痛々しいLINEの特徴を3つお伝えしましょう。

1:「死にたい」「寂しい」など重いテキスト

意中の男性が冷たいと、ついつい構って欲しくてLINEしちゃう女子もいますよね。

けれども、「仕事ツラい……! 死にたい」「会えないから寂しくて苦しい」などとOVER30女性が軽々と重めなLINEを送ってしまうのは超危険。

20代なら「可愛らしいな」と思ってもらえても、OVER30が送ると未熟さが出る上に、生々しくて重い印象を与えがちに……!

若さ溢れる20代になら「よしよし! 俺が慰めてあげるよ」って思ってくれる可能性が高い一方で、OVER30女性には「重くて怖い……」という感想を抱く男性も少なくありません。

 

2:ギャル語や赤ちゃん語

意中の男性とは、ちょっと親密なやりとりをしたい女子もいますよね!

けれども、「才ノl∋→→」(おはよー)などと文字や記号を組み合わせたギャルっぽいテキストや、「は」を使うべき文章で小さな「ゎ」を書くなどの若者の小文字文化を踏襲してしまうのは、超危険。

20代なら「やっぱり若い子は文章も可愛いよなー」と思ってもらえるものの、OVER30が送信すると「若作りかよっ。痛々しいな……」とドン引きされるリスクが大です。

同様に、「でちゅ」などの赤ちゃん言葉も20代ならギャグで済む反面、OVER30だとマジっぽく見えて“痛い趣味”があるのかと邪推されそうで危険すぎます。

 

3:盛りまくりの自撮り写真

気になる男性には美しい自分を見てもらいたいっ!って思うのが女ゴコロですから、単なる自撮り写真ではなくアプリで加工しまくりのセルフィーを送信している女性も少なくないはず。

けれども、“盛る”文化は今の20代が作り上げたような風潮もあり、OVER30が多用すると単なるアラ隠しや自意識過剰な幼さを醸し出すことも……!

OVER30になっていることを知っている男性の中には、実物とかけ離れた盛りまくりの自撮り写真が送られてくるのを嫌がる人もいます。なんとも言えない苦い気持ちにならせたくなければ、避けたほうが無難かも。

 

LINEをやりとりすると急速に親しくなれるメリットがある一方、ドン引きさせてしまえば、関係がぎくしゃく。

アラサー超の女性には落ち着きや余裕を求めている男性にとって、痛々しいLINEはドン引きの対象にもなります。なるべく控えたほうが得策ですね。