今さら聞けない!実は不安な「ラブホの使い方」【滞在・宿泊編】

皆さんはラブホテルへ遊びに行ったことはありますか? なにかとネガティブな印象を抱かれがちなラブホテルですが、実際に使ってみると、普通のホテルに泊まるより設備が充実していて、安くて便利、しかも楽しかったりするのです。そこで、今さら他人に聞けないようなラブホテルの滞在や宿泊に関する実態について、みていきたいと思います。

1:アメニティは超充実

一般的なビジネスホテルに比べて、ラブホテルは女性向けのアメニティが充実しているところが多くあります。化粧水なども一式用意されているのは当たり前で、シャンプーが複数種類から選べるなんてことも少なくありません。

ラブホテルには“突然泊まることになった”という人も多いので、そういったお客さん向けに色々と準備されており、ほとんど手ぶらで行っても問題ないくらいです。

また、そうやってアメニティを充実させることで、女性の心を掴み、リピーターを増やそうとラブホテルは頑張っているんですね。

 

2:ホテルによってはジャグジーも!?

小汚いラブホテルは衛生面からも論外ですが、今どきのラブホテルはとても綺麗で、リゾートホテルのような内装をしているところも少なくありません。

広いベッドに、大きなプラズマテレビやカラオケ、お風呂にはジャグジーがついていて、場所によっては室内で岩盤浴ができちゃう!なんてところもあるのです。

設備はホテルによって違いますし、部屋の種類によっても異なります。事前にインターネットで調べてから行くと、彼ともっと楽しいお泊りデートができるかもしれませんよ。

 

3:映画が見放題のところも多い

大きなプラズマテレビで見ることができるのはテレビ放送だけではありません。オンデマンド放送の映画やドラマが見放題というホテルは多いのです。

つまり、わざわざDVD をレンタルしてこなくても、ラブホテルに行けばそれだけでゆっくりと映画鑑賞が可能なのです。彼とのんびり大きな画面で映画を楽しめるのは嬉しいですよね。

しかし、ホテルの特性上、エッチな映像も視聴可能なので注意してください。テレビの電源を入れた瞬間にエッチな番組が流れ出すという危険もあります。

 

4:ベッドサイドで明かりを自在に調整可能

ラブホテルでは、ムードを高めるため照明の調節機能が優れているところもたくさんあります。

そして多くのホテルでは、ベッドサイドのパネルを使うことで、照明や空調を自在に調整することが可能です。ベッドの中、“明るいと何だか恥ずかしい”という女性は、わざわざスイッチまで歩かなくても、頭の上に手を伸ばすだけで、照明を暗くすることができるのです。

また、“夜の営み”の最中、盛り上がってちょっと暑くなっきた……なんて時も、同様にパネルでエアコンの操作が可能です。

最近はそのパネルから携帯電話の充電もできたりするので、わざわざ充電コードを持っていかなくてもパネルから直接充電が可能だったりもします。まさに“いたれりつくせり”ですね。

 

5:コンドームはあるけど持参した方が無難

もちろんベッドサイドにはコンドームの袋が用意されています。しかし、あまり品質のよい製品ではなかったり、数が少なかったり、彼のサイズに合わなかったりすることもあるので注意が必要です。

コンドームがなかったせいで“イチャイチャできなかった”となると最悪なので、いくら備品があるとはいえ、コンドームだけは持参した方が無難です。

 

いかがでしたか?

実際にホテルを訪れてみればわかりますが、ラブホテルにはカップルのことを考えた設備やサーボスが数多く用意されています。

少し面倒に思うかもしれませんが、そんなサービスを最大限有効活用するためにも、部屋に入ったら、まずは部屋の使用説明マニュアルを確認しましょう!

  

【参考】

お泊り前に要チェック!彼が盛り上がる「ホテルの選び方」とは – Dangdep!