今日は救急の日!彼がデート中に倒れたら「彼女がとるべき行動」とは

今日9月9日は総務省が定めた“救急の日”です。医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的として、1982年に定められました。 普段は“救急”なんて関係ないという人も、いつあなたの目の前で誰か大切な人が…

今日は救急の日!彼がデート中に倒れたら「彼女がとるべき行動」とは

今日9月9日は総務省が定めた“救急の日”です。医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的として、1982年に定められました。

普段は“救急”なんて関係ないという人も、いつあなたの目の前で誰か大切な人が倒れてしまうかわかりません。

そこで今回は、デートの最中に彼が突然倒れてしまったという状況を想定して、あなたが取るべき行動について見ていきたいと思います。

 

■1:まずは周囲の安全確認!

デートの最中に彼が突然倒れてしまった場合、まずは落ち着きましょう。特に彼が意識を失ってい入るのならば、あなたが彼の頼りです。

もし道路の真ん中や危険な場所などで彼が倒れてしまった場合、周囲の安全を確保するのが大切です。助ける側である自分まで事故で怪我をしてしまうと元も子もありません。

迷わず周囲の人に助けを求め、自分と彼の安全を確保しましょう。複数人で対処した方が連絡や手当などがスムーズに行えます。

 

■2:冷静に素早く彼の状態を確認する

彼が倒れてしまって、明らかに救急車を呼ばなければいけないような状態の場合、119番に電話をかける用意をしながら、彼の様子を確認しましょう。

意識はあるか? 呼吸はしているか? 出血はどうか? 顔色はどうか?

119番に電話をした際、それらの状態は必ず確認されるでしょうし、もし呼吸や心臓が停まっている場合、人工呼吸やAEDが必要になってきます。

もちろん彼の様子を調べることに時間をかけてしまうと意味がなくなってしまうので、素早く状況確認を行いましょう。自分は電話をして、他の人に様子を確認してもらうのもよいでしょう。

 

■3:必要な時は迷わず119番!

東京や大阪など一部地域では、“本当に救急車が必要なのかどうか”などを相談できる「#7119」というダイアルがあります。しかし、本当に必要な時は迷わず119番に電話をして救急車をお願いしましょう。

携帯電話から電話をしている場合、まずは携帯電話で連絡をしていることを伝えましょう。地域の境目などでは、別の地域の消防本部へ繋がってしまうこともあるのです。

そして消防本部の人の指示に従い、「彼はどんな状態なのか」、「どこの場所にいるのか」、「彼の状態」、「自分の名前」、今かけている「携帯電話の番号」などを伝えましょう。

携帯電話で連絡している場合、特に場所を正確に伝えることが大切です。近くの建物や目標物などを確認しましょう。

近くに公衆電話があれば、そっちを使用した方が消防本部に場所が正確に伝わるということも覚えておいてください。また地域によっては、スマートフォンのGPSをONにしていると、その位置情報を追いかけてくれるところもあるので、近隣地域の消防署の情報を調べておいてくださいね。

 

いかがでしたか?

誰でも、いざというときは焦ってパニックになってしまいます。しかし、あなたが適切に行動できないと彼を助けることはできませんから、これを機会に一度でいいのでイメージトレーニングをしてみてください。愛する彼を助けるのはあなたです!

 【画像】

By beeboys