20代なら可愛いくても30代だと「強い女」に思われちゃうこと3つ

たとえば重いものを持とうとした時。20代の女子なら「強がっちゃって、カワイイなあ」と言ってもらえるようなことでも、OVER30女がすると「強すぎ」と引かれてしまう……同じことをしていても年齢によって周囲に与える印象は変わってしまうものです。今回は、そんな悲しい誤解を与える努力についてみていきたいと思います。

20代なら“強がり”でも30代は“強い女”!?

20代の頃なら微笑ましく思えても、年齢を重ねた女性がヤるとイマイチな振る舞いって……正直、意外とありますよね。

「20代だったらカワイイのになぁ」と、男性がゲンナリしているOVER30女の言動もたくさん存在しているのです。たとえそれが女性の“努力している姿”であっても!

そう。20代がヤれば“強がり”で可愛らしくても、OVER30女がすると単なる“強い女”認定されるリスクが潜んでいる努力もあるのです。

そこで今回は、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が20代女子だと「強がっててカワイイ!」なのにOVER30女がヤると“強い女”だと思われるだけの悲しい努力を3つご紹介します。

 

1:なんでも一人でやろうとする

オトコが何かを手伝ってくれようとしたときに、「大丈夫! できるから!」とバッサリ断ってしまうこと、ありますよね。

20代女子がヤれば「強がっててカワイイなぁ」と微笑ましく見守ってもらえる一方で、OVER30女がヤると「あっそ。たくましい女だなぁ。さすが独身が長いと強いよな」などとアッサリ引かれてしまいやすいんです。

20代に比べてそれなりの経験値があるOVER30女だからこそ、オトコからの優しさをムゲに断ると「自分でできます」の主張が現実的すぎて想像以上に角が立つのかも。せっかくがんばっているだけにショックですよね。

むしろ、積極的にオトコに助けを求めると女らしさが出そうです。 

2:姉御肌的に仕切る

グループの中では、自分が中心になって何かを仕切るのが好きな女子もいますよね。

けれど、オトコって姉御肌的に強すぎる女を苦手とする傾向もあります。

20代女子がヤッているなら「強がってがんばってるんだな~。可愛らしいなー」と思うもののOVER30女がヤると「ガチに強そうな女でこえーな」と感じる傾向が……。女がガツガツと仕切っている様子が苦手な人も、多そうですものね。

仕切り屋=オバさん的な印象もあるので、OVER30女が仕切っている姿はオトコのゲンナリ感もハンパないのかもしれません。

仕切るのってエネルギーを使うし、努力なしには難しい振る舞いなんですけれどね。 

3:自分を追い詰めるほどがんばる

長~い人生においては、ときに自分を追い詰めるほどにがんばらなくてはいけない場面にブチ当たることもあります。

けれども、自分を追い詰めた結果周囲にネガティブな印象を与えるほどにガムシャラになりすぎてしまうのは、20代ならば微笑ましく見守ってもらえる反面、OVER30女がヤると強すぎる印象になってしまうようです。

何かを“がんばる”のは素晴らしいことなだけに残念な話。でも、OVER30になって自分で自分の精神状態をコントロールできないほどにがんばりすぎてしまうと、単に“強すぎる女”のイメージしか与えなくなるのかもしれません。

がんばっている姿にも、シビアな現実です。 

同じコトをしても20代なら微笑ましく思われているのに、OVER30だと強い女だと思われるなんて大ショックですよね。

しかし、オトコは強すぎる女性を避ける傾向が。オトナ世代になったならば、強がらないこともモテる秘訣になりそうです。