東海地方は離婚率が…!? 知って驚く「地域で違う夫婦喧嘩」

夫婦喧嘩は犬も食わない……とはよく言ったものですが、その夫婦喧嘩に、実は“地域差”というものがあるのはご存知ですか? 同じ国内でも、住むところが違えば文化も考え方も変わってくるもの。意外と“夫婦喧嘩しやすい地域”というも…

20160909ikuho394

夫婦喧嘩は犬も食わない……とはよく言ったものですが、その夫婦喧嘩に、実は“地域差”というものがあるのはご存知ですか?

同じ国内でも、住むところが違えば文化も考え方も変わってくるもの。意外と“夫婦喧嘩しやすい地域”というものがあるのかもしれません。

そこで今回は大手結婚情報センターが実施したアンケートを参考に、「知って驚く“地域で違う夫婦喧嘩”」をご紹介します。

 

■気になる夫婦喧嘩の頻度とは

まず全国の夫婦喧嘩をする頻度ですが、実施されたアンケートによると、その頻度は全国で「月に1~2回(27.0%)」、次いで「年に1回~2回(25.3%)」という結果に。

意外と、全国では“夫婦喧嘩”が少ないことがわかりますね。

ちなみにアンケート結果によって判明したのは、最も喧嘩の頻度が多いのは「甲信越地方」、そして最も喧嘩の頻度が少ないのは「近畿地方」となりました。

 

■喧嘩してもすぐに仲直りする?

では、夫婦喧嘩をしてから仲直りするまでの期間はどれぐらいなんでしょうか?

同調査によると「寝て起きたら仲直りしている(44.8%)」という夫婦が全国的に多く、「すぐに仲直りする(24.7%)」と回答した夫婦も併せると、案外、すぐに仲直りしている夫婦が多いようですね。

そんな喧嘩からの仲直りが早いのは「北陸地方」の夫婦、仲直りまでに長引いてしまうのは、どうやら「東北地方」の夫婦ということが判明しました。

 

■東海地方が離婚率が高い

さて、夫婦喧嘩の恐いところはそこから離婚の危機に繋がってしまうことです。

同調査で「離婚の危機に瀕したことはありますか?」と全国の夫婦にアンケートを取ったところ、8割の夫婦が「いいえ」と答えました。

特に「北海道・北陸・九州」地域の夫婦は、「離婚の危機に瀕したことが無い」と9割近くの夫婦が回答しています。

その半面、およそ半数もの夫婦が「離婚の危機に瀕したことがある」と回答したのが「東海地方」の夫婦。「東海地方」と言えば婚礼儀式が派手な傾向にありますが、その分、離婚に繋がる喧嘩もまた派手なのでしょうか?

 

今まで生き方も環境も違ってきた男女が一緒になるわけですから、揉め事の一つや二つあるのが夫婦というものです。

“夫婦喧嘩”にも地域差があるようですが、肝心なのは相手とどれだけ向き合えるか。

円満夫婦になるための方法はいくらでも『Dangdep!』でご紹介していますので、ぜひそれらの記事を参考にして誰もが羨むラブラブ夫婦を目指してくださいね!

 【参考】

実はここにも地域差が!夫婦ゲンカの意外な実態が判明【前編】 – Dangdep!

実はここにも地域差が!夫婦ゲンカの意外な実態が判明【後編】 – Dangdep!