「デートがいちいち高価すぎ」プリンセス女子のモテテク3つ

デートは必ず夜景の見える高層ビルのレストラン、ミシュラン3つ星レストランは当たり前。さらっと綺麗なワンピースを着こなすプリンセス女子。一体、男性からなぜここまで丁重に扱われるのでしょうか。普通女子とはなにが違うのでしょう…

「デートがいちいち高価すぎ」プリンセス女子のモテテク3つデートは必ず夜景の見える高層ビルのレストラン、ミシュラン3つ星レストランは当たり前。さらっと綺麗なワンピースを着こなすプリンセス女子。一体、男性からなぜここまで丁重に扱われるのでしょうか。普通女子とはなにが違うのでしょうか。

今回は港区で高級デートを繰り返す20代女子に聞く「デートがいちいち高価すぎ」プリンセス女子のモテテク3つをご紹介します。

 

■1:向上心を持つ

男性に頼ろうとすることなく、常に自立を心がける向上心のある女性は必然的にスペックの高い男性と出会う確率も上がります。きっかけは本当にふとした瞬間に起こるものです。最初から、高価なデートを望んで夜の街で働く女性もいるかと思います。そこで、同伴したところで仕事の一環にすぎません。

そこから、自分の世界を作っていくのは自分次第なのでしょう。何かをつかもうとするその心がテクの1つかもしれませんね。

 

■2:相手に興味を持つ

自分の話ばかりになってしまったり、相手に興味を持たないで適当に話を聞くような女子は一緒にいても楽しくありません。聞き上手になるということは純粋に相手に興味を持ち、耳を傾けるシンプルな作業です。しかし、そこには心が必要になります。何に対しても好奇心や関心というものは、相手に伝わりますからね。

どんなときでも、偽りのない素直な気持ちを大切にしてあげることが人間と関わる上でのキーとなり、自分を未知の世界に連れ込んでくれるのでしょう。

 

■3:ユーモアを振りまく

ここで一番大切なのは、ずばりユーモア。人と違う風を吹かすということです。それは、立ち振る舞い、話し方、考え方なんでもかまいません。その人の人間性を買われた時、新しい扉は開くことでしょう。インスタグラムが普及し、「かわいい」「きれい」が世の中にあふれかえっています。

その中で、どう生き残るか。やはりそれはユーモアであり、センスなのです。今はもはや自分自身をプロデュースする時代になりました。どう磨きをかけていくかは、自分次第でどうにでもなります。

 

いかがでしたか?

憧れの高価なデートを日常にするプリンセスは知的あふれる、謙虚な女性だったりするのです。女性としての磨きを怠ることなく、考えることをめんどくさがらないからこそさずかった環境なのかもしれません。