初デート!待ち合わせ・食事で…ドキッとさせる「モテしぐさ」

みなさんは、初デートのときに、どんなことを気にしますか? 何を着ていくか、髪はどうしようか、ムダ毛は処理したか、勝負下着は一応つけておいたほうがいいか……いろいろなことを考えますよね。 でも、とても大事なのに意外と考えな…
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初デート!待ち合わせ・食事で…ドキッとさせる「モテしぐさ」

みなさんは、初デートのときに、どんなことを気にしますか?

何を着ていくか、髪はどうしようか、ムダ毛は処理したか、勝負下着は一応つけておいたほうがいいか……いろいろなことを考えますよね。

でも、とても大事なのに意外と考えないのが、自分の“しぐさ”。

自分の“動き”なんて、普段どおりでいいや……と思ってしまっていませんか? 何もしなくても、恋しているときは、無意識にそういうかわいい“しぐさ”が出ると思っていませんか?

それは大間違い。モテてる女子たちは、ちゃんと意識的に、男子が「かわいいー」と感じる恋する女子っぽいしぐさをしているのです。

では、どんな“しぐさ”をすればいいのでしょう。今回は、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに、初デートで男子に「かわいいー」と思ってもらえる“しぐさ”を教えてもらいました。

 

■1:待ち合わせ・・・しっかりと頭を下げる

「待ち合わせの時間ぴったり、もしくはちゃんと5分前などに登場しちゃってはいませんか? 相手のほうが遅くきたときに、スマホ画面を難しい顔でながめてポチポチ操作をしている姿は、“かわいい”とはいえません。

たとえ、相手に気づいて最高の笑顔を向けたとしても、そのギャップは、“さっきの難しい顔が本性なんだろうな……”と逆効果。

ここはあえて、ちょっと遅れていくことをオススメします。あまり待たせると印象が悪いので、あくまでほんのちょっとだけです。

“もうつくー”とLINEし、相手にこちらを確認させたら、ちょっと小走りで一生懸命に急ぎながら近づきましょう。そして、まるで仕事のときのように、深く頭を下げ、“遅れちゃて、すみません!”と謝るのです。

この最初に、礼儀正しい姿を見せるという行為が、あとでデートモードの姿を見せ、キュンとさせるための布石になります。ギャップとは、こう使うのです」

 

■2:食事・・・相手の近くで「はい、どうぞ」

「待ち合わせの後、多くの初デートでは、食事や飲みに行くと思います。ここで使えるしぐさは、“とりわけ”や“お酌”など、相手の世話をしてあげる“しぐさ”です。

“とりわけ”は、使い古されたモテテクニックで、“されても別にうれしくない”という意見もよく聞きますが、それは“やりかた”が間違っているから。

“とりわけ”も“お酌”も、相手の“物”を介して、相手の手と自分の手が“ひとつの目的”のために近づく、大切な行為です。

ササッと礼儀正しく、“はい、どうぞ”と行うことによって、相手との距離がちょっとだけ近づきます。

この距離がちょっとだけ近づいたことによって、次のプロセス、ボディタッチ、手繋ぎなどが、グンとしやすくなるのです」

 

いかがでしたか。待ち合わせから食事まで、初デートでカレをドキッとさせるしぐさをご紹介しました。なにごとも最初が肝心ですから、ぜひ積極的に実践してくださいね。

 【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。