本当はキスしたい男子が…そっとつぶやく「遠回しなセリフ」3つ

みなさんは、デートしている相手が、なかなかキスしてこなくてイライラしてしまったことはありますか? 「この人、私のことが好きなのかな?」って思うようなときならば、まだしも、「あー、これ、キスしたいんだろうなぁ……」と見え見…

本当はキスしたい男子が…そっとつぶやく「遠回しなセリフ」3つ

みなさんは、デートしている相手が、なかなかキスしてこなくてイライラしてしまったことはありますか?

「この人、私のことが好きなのかな?」って思うようなときならば、まだしも、「あー、これ、キスしたいんだろうなぁ……」と見え見えなときに、勇気がなくてしてこない感じだと、だんだんシラけてしまいますよね。

今回は、官能小説家で恋愛コラムニストの小川沙耶さんが、男子が本当はキスしたいけど、勇気が出なくてなかなかキスにもちこめないときに言いがちな、“遠回しなセリフ”をご紹介します。

 

■1:「口がかわいいね」

「“みんなは●●ちゃんの目がかわいいって言うかもしれないけど、俺は口がかわいいと思うな……”。

このように、唐突に口や唇を褒め出したら、本当はキスしたいんだろうなと思っていいかもしれません。

きっと、“かわいいな”って思えるくらい、“口”というパーツを見つめることが多かったのでしょうね。なぜ、口をそんなに見つめてしまったのでしょう? それは、その場所に口づけする機会を、ジッとうかがっていたからですね。

“キスしようと思ってた”というのを無意識に誤魔化そうとしているのか、“口がかわいいと思う。だからジッと口を見ていた。キスとか、そういうんじゃないんだからね!”と言い訳がましくなってしまっていますよね」

 

■2:「人がいるなぁ……」

「ふたりで夜道を歩いているときや、公園にいるときに飛び出しがちなのが、このセリフ、“人がいるなぁ……”。

キスしようというアクションを起こしてもいない。にも関わらず、言い訳がましく、ボソッとつぶやくように“人がいるなぁ……”。

そもそもこちらは、キスがOKとも、キスしたいとも言っていないのに。

なんとなく流れ的にも、雰囲気的にも、そろそろキスだけど、そのアクションが起こせないのは、自分のせいではなく、“人がいるせい”。

“あっちのほう行こうか?”とか、こちらのさりげないOKサインを待っているのでしょうか? 本当に勇気がないですよね」

 

■3:「もうちょっと歩く?」

「帰り道など、家や目的地の近くまで着いてしまったときに、つぶやかれがちなのが、このセリフ“もうちょっと歩く?”。

たどり着くまでの間、会話や雰囲気でキスになれなかったと思っているのか、着いているのに、なぜか“さらに歩く”ことの提案……。

着いてバイバイという、まさにこのタイミングでキスしてくれればいいのに、さらに歩くことによって、いったい何が起こるというのでしょうか? 無理やり作ったロスタイムで、最後の勇気を振り絞ってくれるのでしょうか。

それとも、“ううん、もうちょっと一緒にいたいけど、今日はここで……。かわりにー……”なんてセリフとともに、キスされちゃうことを期待でもしているのでしょうか。

いずれにせよ、着いているにも関わらず、“もうちょっと歩く?”が出たときは、“キスしたい”の遠回しなサインである可能性はかなり高いですよ」

 

いかがでしたか。本当は「キスしたい」と思っている男子の遠回しなセリフを3つご紹介しました。もし、好きな彼から上記のセリフが飛び出したら、こちらからキスしてあげてもいいかもしれませんよ。

 【取材協力】

※ 小川沙耶(おがわさや)・・・官能小説家、恋愛コラムニスト。女性のリアルな性と恋愛を描くためという名目で、現在も派遣OLとして週2回勤務中。いまいちやめどきがわからない。



У нашей компании интересный web-сайт , он рассказывает про готовые шторы киев купить готовые комплекты штор купить украина