下品はNG!男がメロメロになる「どこか上品なエロしぐさ」3つ

男性とは不思議なもので、“見えちゃった”エロは大好きだけど、露骨に谷間を出すような“下品なエロ”は嫌いです。というか、下品なエロは、男性の“恋愛対象外”にカテゴライズされてしまう危険性すら含んでいます。男性が嫌う“下品なエロ”に気をつけながらも、男性の心をくすぐることのできる、“どこか上品なエロしぐさ”をご紹介します。
  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:さりげなくブラの肩紐を見せる

露骨な谷間の主張や“見せブラ”などは、男性にとっては“あざとすぎるエロ”、つまり下品なエロに分類されます。

ですが、透けブラは男性にとっては上品なエロなのでセーフです。下着が見えていることに、“女性の意志が働いているかどうか”が判断の基準になっているのでしょう。

つまり、“女性の意志じゃないけど下着が見えちゃった”という状態を作ってあげれば、それは上品なエロです。

そんなときにオススメできるのが、“さりげなくブラの肩紐を男性に見えるように露出させておく”という方法。動きの激しい上半身ですから、ティーシャツなどがずれてしまい、ブラ紐が見えてしまうのは不可抗力ですよね。

男性は紐一本で十分妄想することができるので、平気な顔をしつつもドキドキしてくれるはずです。

 

2:ミニスカートで脚を組む

パンチラは男性の大好物です。しかし、男性がパンチラを好むのは、やはりその“アクシデント性”に魅力を感じるのであって、すぐにパンツが見えてしまうような超ミニスカートの子がパンチラをしても男性は「あの子、ビッチだな」くらいにしか思いません。

では、このアクシデント感をどうやったら演出できるのでしょうか?

答えは簡単です。あなたが脚を組んで“見えるか見えないか”という絶妙な長さのスカートを履けばよいのです。

完全に下着が見えてしまうような超ミニスカートは下品ですが、ふと女性が脚を組んだ際に“見えてしまった”と男性が判断できるようなスカートの長さであれば、それは上品なエロになります。

立ったときは問題ないけど、座ったら危うい。そんな長さのスカートを用意しましょう。

 

3:胸元には空白を作る

男性の大好物は、やはり女性の胸の谷間です。しかし、外の世界に向けて胸の谷間が露出しているような服装は、男性によっては下品なエロと判断されてしまう恐れがあります。

そんな危険を避けつつ、男性に胸の谷間をアピールするためには、胸元に余裕のある服を着ていきましょう。

女性が屈んだとき、胸元に空間ができるようなサイズがベストです。男性はそのチャンスを見逃さないはずですから、女性の胸元がチラリと見えたとしても、それをラッキーな出来事として処理してくれます。間違っても下品だとは思いません。

あざといテクニックですが、胸は露出するのではなく“チラ見せ”でいきましょう。

 

男性は下品なエロを見ると、その女性のことを“汚い”とか“ビッチ”とか思ってしまいます。

真面目そうに見えるんだけど、どこかエロい瞬間がある。そんな上品なエロを極めた女性は、きっとモテモテになること間違いありません。

 

  

【参考】

「あの子は俺の女神ッ」と男子がメロメロになる!エッチしぐさ3つ – Dangdep!