「幸せってなに?」彼氏のつくり方を忘れた女子が憧れる妄想3つ

この世の全てのひとが幸せな恋で満たされていればいいのに。世の中は不公平なもので全員が恋愛に潤されているのではありません。20代だというのに、恋の音沙汰なし。「彼氏のつくり方を忘れてしまった」なんて女の子もいます。そんな女の子の描く憧れの恋のシチュエーションとはいったいどんなものでしょう。

1:仕事帰りにスタバで待ち合わせ

たくさんのひとが利用するスタバ。そこでは、あらゆる人間模様が見えてきます。だからこそ、ひとりで行くと余計に自分がひとりであることを再認識させられます。

普段はひとりに慣れていると思っていても、「一緒にコーヒーが飲める相手とは」を考えさせられますね。その気軽さは、とうの昔のどっかに忘れてきてしまったように感じます。

恋人というのは“一緒にコーヒーが飲めるひと”。そう言っても過言ではないでしょう。その居心地の良さを共有できる相手を見つけることは、簡単そうでハードル高めです。

今宵も、都会のスタバでそんな想いを胸にもんもんとしながら過ごす仕事後の女子がいることをお忘れなく。

 

2:深夜のお散歩

「お散歩」というお金のかからない遊び。つまりはその空間と相手と自分で遊びを成立させなければならないのです。

それを深夜にフラッとできるカップルはもう異次元に生きているように感じます。それくらい難易度が高いのです。食事はできても、飲みに行けても、ドライブできても、深夜のお散歩ほど高級な過ごし方はありません。

お金では買えない空間ですからね。お金のかからない遊びのほうが緊張することもあるのです。そこにときめきが落ちているに違いないと夢は膨らむ一方で……。

 

3:パジャマはジェラートピケに限る

彼氏の前でこそ部屋着はこだわらずにオフモードでいるほうがラク!という恋愛が日常の一部になっている女子もいますが、恋愛が非日常の女子にとっては彼氏の前ではとびっきりのスイートな空間を演出できるよう試行錯誤します。

そこで活躍するのが、10代20代女子から圧倒的人気を誇るルームウェアブランド「ジェラピケ」。

より女の子らしくなれるルームウェアを身につけ、好きな男性と過ごすなんて、そんな贅沢な時間がこの世に存在するのか確かめたくなるのです。

 

恋は空想のほうがおとぎ話しのように綺麗なものかもしれませんね。現実は、そう甘くないですし、傷つくことだってたくさんあります。でもね、“恋に恋する女の子”は、空想とユーモアであふれているんですよ。

 

Наш авторитетный блог со статьями про agroxy.com.