あなたにはコレが足りてない!「告白したくなる女性」2つの特徴

気になる彼と良い雰囲気。デートも何回かしたし、そろそろ告白されてもおかくしくない……! そんなウキウキ気分だったのに、彼が別の女性に“告白”ぅ!? “告白される女性とされない女性”……一体どこで差がついてしまうのか? 恋愛コンサルタントの意見を参考に、「あなたに足りていない“告白したくなる女性の特徴”」をご紹介。

1:相手の存在を肯定し、評価する

男性は、自分の意見を肯定し、自分の能力を評価してくれる女性を彼女に選ぶ傾向があります。

「いい感じ」から一歩進むためには、彼の一番の理解者になる必要があります。そのためには、彼の意見に同調したり、彼を誉める事が効果的です。

とはいえ、わざとらしく褒め称える必要はありません。

例えば仕事の話を出した時に「●●くんは細かいところまで気が利いて、絶対上司から重宝されるタイプだよね」とか、映画の感想を口にした時に「そういう見方をしたことなかった……●●くんって凄いね」などなど。

また、相手の名前を呼んだりメールに入れる事も有効な方法です。

名前はその人自身を表す言葉なので、名前を呼ばれる事で、彼は「自分の存在が肯定されている」と感じます。 

2:交際後の楽しさを連想させる

彼の良き理解者となれたなら、次はその先を連想させるように仕向けましょう。

男性は女性よりも慎重な一面があるため、交際をするメリットを感じないとなかなか行動を起こしません。

ですので、「この子と付き合うと楽しいだろうな」と連想させる事が大切なのです。

彼の趣味や好きな事を尊重して一緒に楽しんだり、二人きりのデートに誘ってみたりしましょう。

実際にあなたと一緒にいるメリット感じれば、「こんないい子を逃したくない!」と感じ、無意識に“告白しよう”という考えに至るわけです。

ただ気を付けてほしいのが、彼に気に入られようと必死になりすぎて、お母さん顔負けに彼の世話を焼かないように。それをしてしまうと、ただの都合のイイ女に成り下がってしまいます。 

このように、“告白したくなる女性”というのは、上手い具合に彼の心を操作しているわけです。

気になる彼からの“告白”を望むなら、ぜひこれらの方法を試してみてくださいね!

  

【参考】

気になる相手からうまいこと告白させるテクニック4つ【前編】 – Dangdep!

気になる相手からうまいこと告白させるテクニック4つ【後編】 – Dangdep!